水道代が急に増えた時に一番に疑うべき箇所はどこ?

水道代が増えているかも?

水道料金は2か月に一度の検診で分かります。いつも定額の料金となっている場合もあれば季節によよって料金が変動しているという場合もあるかと思われます。しかし、いつもと使用量は変わっていないのに水道代が高くなっていることもあります。何が原因なのでしょうか?




 

まず、使用量が単純に増えていることはありませんか

数日、家族以外の方が泊まっていたとか普段はシャワーを使っていましたが、浴槽にお湯を張るようになった、毎日洗濯機をたくさん回すようになった・・・などなどです。つまりイレギュラーな使用量であれば心当たりがあるのではないでしょうか?

では何も変わらない毎日で水道の使用量が増える場合、まずどこを点検するべきなのでしょうか?

トイレのロータンクの水漏れ

 

 

意外に見落とされがちなところですが、トイレのロータンクの中で水漏れしている可能性があります。1番劣化しやすいのがタンク内の水を溜めるための部品です。特に「フロートバルブ」と呼ばれる部分はゴム製になっているため年数によって溶解しやすくなっています。

 





 

手で触ってみて真っ黒になれば著しく劣化しています。交換しましょう。こちらをどうぞ➡フロートバルブを交換する方法 以前のブログにも取り上げましたが、メーカーによってフロートバルブの形状が異なります。LIXIL-INAXの場合は「球体」ですが、TOTOや他のメーカーは「半月型」です。ご自分のトイレのメーカーによって適合した部品を調達しましょう。

もう1つの劣化しやすい部品は「ボールタップ」です。タンクの中に水を入れて適量になると水を止める部品です。浮き球の浮力を使って自動的に止水弁を閉じて水を止める仕組みになっています。こちらも参照➡トイレの水が止まらなくなる意外な2つの原因 トイレの修理で一番多いのはどんな症状?

トイレでいつも水が落ちるような音や便器内の溜まり水に水が流れ出ているような症状があれば上記の部品の劣化が原因と考えられます。もし漏水の量が激しいならトイレかどうかを見極める簡単な方法があります。それは「トイレの止水栓を閉めてみる」というものです。

 

 

ドライバーで閉める方式のものとハンドル式のものとがあります。下のような止水栓であればドライバーを使って閉めてみてください。それから量水器のメーターを見て「パイロット」と呼ばれる小さい銀の回転皿が回っているか?止まったか?で判別できます。止まればトイレ、止まらないなら別の箇所です。





厄介なのは給水配管の漏水

一番水漏れで厄介なのは、目視できない漏水です。

 

 

特に埋設配管床下配管などです。中には水漏れしているような音がしたり、水たまりが出来て顕著に分かる場合もありますが、大抵は分からないような部分で水漏れしていることがほとんどです。ではどうやって漏水箇所を特定できるのでしょうか?

水道屋さんの経験や知恵は確かに役立ちますが、それだけでは特定は困難です。大掛かりな装置で検査をするとなるとそれだけでかなりの費用が発生してしまいます。その後の修繕費用を考えると恐ろしいです。

配管漏水の場合は、水道屋さんの意見を伺って一番良い修繕方法を検討してみてください。