トイレの水が止まらなくなる意外な2つの原因

トイレの水が止まらない意外な盲点





トイレの水が流れ続けてしまうトラブルの原因の多くがボールタップフロートバルブまたはサイフォン管といった部品が故障したことが主な原因です。実はもっと意外な原因があるのです。

それは2つです。

1つは「タンクレバー」でもう1つはタンクに入れる「洗浄剤」です。

ではまずタンクレバーから解説いきます。

タンクレバーの不具合

タンクレバーはタンク内のフロートバルブと連動して動作するものです。大と小の切り替えができるものと大しか流せないものと2種類あります。いずれの場合もこのタンクレバーが固着する現象が起きてしまうことがあります。つまりタンクレバーが下がらないためフロートバルブが閉まらず水が出っ放しなるのです。

固着とは、大にタンクレバーを動かすと本来は自動的にタンクレバーが下がるようになっているはずです。ところがその戻りが無く引いたままの状態で止まってしまうことです。理由としてはタンクレバーのシャフト(タンク内のバー)が金属の場合、腐食が原因で滑りが悪くなることが考えられます。また樹脂製の場合は経年による回転面の変形などが考えられます。





 

対策としては、タンクレバーのシャフトの回転軸の部分に潤滑油(CURE556など)を付けてみてください。樹脂製にも試してみることできます。吹き付けた後、何度か動かしてみて滲み込ませてください。それでも変化が無いようでしたらタンクレバーを交換しましょう。お勧めはLIXIL製の「マルチ型レバーハンドル」TF-10A¥2,500(税別)です。どんなタイプのタンクにもおおよそ取り付けが可能です。取付方法は同封されている取説をご参照ください。

タンク入れる洗浄剤

タンクの中に入れる固形の洗浄剤が販売されています。有名なのは「ブルーレット」ですが、タンクに直接入れて徐々に溶けて薬剤が便器側に流れて洗浄するという方式です。これは実に危険です。まず溶ける速度が遅いことです。ゆっくり溶け始めますので最初は固形のままですが、少しずつ溶け始め最終的には「ペースト状」になります。

例えるなら、カレーのルーがなかなか溶けなくで時々塊が残ってしまうことに似ています。ドロッとした洗浄剤がある瞬間に排水と同時に黒いフロートバルブに引っかかります。そうなると水を止めることはできません。

最悪なのはその塊が便器の方に落ちてしまうことです





 

便器に流れる水は便器の淵から流れたり数か所から流れ出るようになっています。その小さな穴にこのルーのような洗浄剤が目詰まりしてしまい排水能力が低下してしまう可能性があります。一度便器の淵側に入り込んでしまうと取り除くことはほぼ不可能です。

これからタンクに入れようとしている方やすでに入れてしまった方はすぐにやめましょう!そしてタンクから取り除きましょう!以後はご使用にならないことをお勧めします。同じような危険なことはタンクの中にペットボトルやビール瓶などを入れて水量をかさまししようとしている方も今すぐ除去してください。この危険についてはこちらのブログをご覧ください!➡トイレのタンクにペットボトルが入ってませんか?

この2つのパターン以外はまた過去のブログでも取り上げていますので、よろしければ参考にされてください。いずれにしても今回の現象は自分で簡単に対処できるものと思われます。水道屋さんを呼ぶ前にご確認ください。方法が分からないとかご質問があればコメント欄にご記入ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です