浄水器のカートリッジを交換しないとどうなるの?

家庭用の浄水器のカートリッジはいつ交換するのか?

家庭用の浄水器には蛇口の先端に取り付けるタイプもあればビルトインタイプのように浄水器専用の水栓があるものもあれば、蛇口に浄水機能が内蔵されているタイプもあります。こちらも参照ください➡浄水器内蔵型シングルレバー混合水栓はいいですか?




どのタイプであれ必ず「カートリッジ」を交換します。

どれくらいの周期で交換したらいいのでしょうか?表示よりも遅くしても問題はないでしょうか?  これからこの2つのポイントについて解説していきましょう!

1、どれくらいの周期で交換したらいいのでしょうか

蛇口の先端に取り付けるタイプの主なメーカーと機種では、東レの「トレビーノ」や三菱ケミカルの「クリンスイ」かもしれません。いずれの場合も3ヵ月に1度交換が望ましいとされています。ビルトインの場合は12か月以内となっているようです。

カセット式のカートリッジの価格は約¥3.000~¥4.000(税別)ほどになりますが、ビルトインのカートリッジになると約¥12,000~¥13.000(税別)になるかと思います。カートリッジのフィルター構造の違いでカートリッジの値段が変わっていくようです。上記の価格は標準的なタイプになりますので、良いものはさらにお値段も高くなるという感じです。

2、メーカー表記の交換周期よりも遅くしても問題はないでしょうか? 

期日通りに交換しなければ使用できない訳ではありません。そもそも交換時期を明示しているのはカートリッジの水を浄水する「除去率」が低下するからです。簡単に言えばカートリッジ内のフィルターに除去されたものが溜まっていき除去対象物質の浄水効果が低下する可能性があるという理由です。

さらにメーカーのカートリッジを周期的に交換するよう明示している理由の中には「黒カビ」の発生の危険です。カセット式の浄水器などで吐水口付近に黒いカビのようなものが付着してしまうことがあります。これがフィルター内にも生じる可能性があるということです。

ただし期日を超えれば必ず生じるということでもありません。その可能性があるという感じです。心配な方は交換時期を守られた方が安心ですね。





家庭用品品質表示法をご存知ですか?

家庭用の浄水器の家庭用用品品質表示法でよれば既定の除去対象物質が定めれています。主に13項目あるようですが、ざっと挙げると遊離残留塩素、濁り(雑菌・固形鉛等)、総トリハロメタン、クロロホルム、プロモジクロメタン、ジプロモクロロメタン、プロモホルム、溶解性鉛、農薬(CAT)、カビ臭(2-MIB)、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタンです。どんな物質かはどうぞGoogle検索でお調べください。

大抵のカートリッジは、これに「浄水器協会」で定めた除去対象物質の2つも加えられています。それは、鉄(微粒子状)とアルミニウム(中性)です。現在販売されている浄水器のカートリッジはこの基準をクリアしているものですので安心してご使用いただけるかと思います。

カートリッジ交換を早くした方が良い場合

それは「井戸水」をご使用の場合です。

ほとんどのカートリッジのフィルターは「中空糸膜フィルター」を使っています。井戸水は水道水と違い、不純物の混入があり、目の細かいフィルターに詰まりやすくなってしまうことが考えられます。そのためカートリッジ交換を通常よりも早めなければならなくなります。

通常の水道水での濾過テストでは総濾過量が表示されています。それに伴ってそれぞれの物質に対して除去率も示されています。ですから水質によって濃度がこくなればなるほど濾過率が下がり、交換時期が早まってしまうことが考えられます。

浄水器のカートリッジを定期的に交換するかどうかは安全面や衛生面で気になる方は守られた方がよろしいかと思います。半年や1年またはそれ以上で交換をしないということは濾過処理上、効果が薄くなると考えられますので、やはり定期的に交換することをお勧めします。