浄水器内蔵型シングルレバー混合水栓はいいですか?

浄水器内蔵型の混合水栓とは?

特にワンホール型のシングルレバー混合水栓の吐水口に伸びるスパウト部分に浄水機機能を施し専用のフィルターを通して浄水した水を瞬時に出す水栓金具のことです。

 

 

少し前では「ビルトイン浄水器」が設置されている物件が多かったようですが、今では新築マンションや住宅にも予めこのタイプの水栓が取り付けられている場合も少なくありません。現在、各水栓メーカーさんが取り揃えています。

 

浄水器内蔵型のメリットとは?

これまでよく見かける浄水器は蛇口の吐水口に器械をを付けて切り替えて使うカセット型の浄水器でした。中のフィルターを自分で交換するタイプが主流でした。

よく見かけたのは東レの「トレビーノ」や三菱レイヨンの「クリンスイ」といった商品です。

確かにどんなタイプの水栓にも取り付けができてカートリッジも簡単に交換できるため依然として人気があります。ホームセンターでも比較的安価で手に入ります。

 

 

しかし吐水口に取り付けるタイプは小まめに掃除しないと徐々に汚れていき見た目も良くありません。吐水口の先に浄水器を付けるとシンクとの距離が狭くなりに邪魔になる時もあります。フライパンやお皿などを洗っていると吐水口の浄水器に当たって破損してしまうことも起こり得ます。

 

その点、浄水器内蔵型の水栓の場合、すっきりしたものになります。

 

水栓との一体化で違和感がありません。明らかににおしゃれ感が出てきますね。浄水との切替も先端のレバーで楽に浄水やシャワーにも切り替えられます。「見た目」的には断然内蔵型の方がいいかと思います。

今はどんな種類のものがありますか?

この水栓を大々的に広めたのは「株式会社タカギ」の「みず工房」という水栓かと思います。

 

 

みず工房エコ」ワンホール型(JL206MN)【定価¥44,000税別】または、「みず工房グース」ワンホール型(JB1046)【定価¥55,000税別】などが有名です。交換用のカートリッジは標準タイプで(JC0042UG)【定価¥3,200税別】となります。高塩素除去タイプですと(JC0046)【定価¥3,700税別】となります。いずれも送料込みの料金になるようです。

タカギのホームページを見ると「継続利用者数NO,1」となっているようです。最新の情報はこちらからどうぞ➡https://www.takagi.co.jp

ほかのメーカーではどんな商品があるのでしょうか?

水栓メーカーと言えばTOTO

 

 

 

TOTOのブランド力は日本ではかなり根強いものがあります。TOTOの水栓金具の中で浄水器内蔵型と言えば、TKGG38ER(定価¥58,300税別)かTKGG38E1(定価¥48,300税別)になるかと思います。外観等はホームページを参照ください。

カートリッジは標準タイプでTH658S(定価¥4,200税別)か高性能タイプでTH658-2(定価¥4,900税別)となります。1個入りと3個入りで注文でき、3個入りの方が割安になります。

詳細はTOTOのホームページからどうぞ https://jp.toto.com

次に有名なのはLIXIL・INAX

 

 

INAXという社名があまり聞かれなくなりましたが、LIXILという合同会社になっただけです。このメーカーではJFAB466SYX(JW)(定価¥55,000税別)かJFAF442SYX(JW)(定価¥37,800税別)辺りが主流かと思います。

カートリッジは標準タイプでJF-20(定価¥3,500税別)高塩素除去タイプはJF-21(定価¥4,500税別)になります。いずれも3個入りと6個入りで注文できそちらの方が割安になっています。

 

実は自宅ではこのタイプを使用しております。

カートリッジ交換の目安は4か月毎と言われていますが、半年くらいに伸ばして差し支えまりません。交換は至って簡単で、古いものは燃えないゴミとして処分できます。

詳細はホームページからどうぞ https://www.lixil.co.jp

 

その他のタイプにはどんなものがあるのでしょうか?

DIY店では有名なメーカーSANEI」(SANEI株式会社)http://san-ei-web.co.jp

三栄水栓ではシングルレバー浄水器付ワンホールスプレー混合栓として紹介されています。品番で言えばK87128JV-13(定価¥50,000税別)もしくはK87125ETJV-13(オープン価格)でカートリッジは標準タイプがM7172MG-1(不記載品)で高除去タイプがM7172MG-1(不記載品)になります。価格はメーカーに直接お尋ねください。

株式会社KVK     http://www.kvk.co.jp

このメーカーの水栓もよく見ますね。KVKではKM6001ECという型番で定価¥58.300(税別)とKM871定価¥58.300(税別)です。浄水カートリッジはKM6001ECPZ180(定価¥3,333税別)でKM871は恐らくPZ871(オープン価格)です。それぞれ3個入りが販売されています。

株式会社カクダイ     https://kakudai.jp

現在のところ取り扱っていません。

詳細な点やお問い合わせは各メーカーのホームページからご確認ください。

はっきり言って浄水器内蔵型の水栓はお勧めです!

ただしいいことずくめではありません。

「浄水器内蔵型シングルレバー混合水栓」デメリットとは?

浄水器内蔵型混合水栓のメリットを取り上げてきましたが、逆にデメリットは無いの?という疑問もお持ちかもしれません。では何がデメリットと「成り得るか」を取り上げていきます。

1、濾過量が少ない

デメリットと言えば、まず浄水された水の濾過量」の問題です。

 

 

 

浄水器のいろいろ こちらのブログも参考になればと思いますが、「タカギ」の浄水器水栓の場合は総濾過量が1200L1分間で4Ⅼの濾過流量です。

TOTO」の場合は総濾過量が1200L1分間で2Lの濾過量になります。「タカギ」の半分に落ちます。「INAX」も「TOTO」とほぼ同じ量です。

KVKSANEIもほぼ横並びかと思われます。

 

 

つまり「濾過する時間が長く水量が少ない」という点が挙げられます。

たくさん浄水された水を使いたいと思っても少しずつしか出てこないのでじれったさを感じてしまいます。この点では「ビルトイン浄水器」や「アルカリイオン整水器」などには勝てません。

コンパクトにまとめた分、吐水量に影響を与えてしまうのは無理のないことかもしれません

2、カートリッジが調達しにくい

更に、これらの水栓の浄水カートリッジはほぼ市販されていないものも多いため、メーカーに直接依頼するかネット通販で探すかしなければなりません。

またメーカーによっては従来のタイプをモデルチェンジしてしまうことがあり、以前のカートリッジが使用できなくなる可能性も起こり得ます。もしそうなるとカートリッジが定期交換出来ないことになりますので、そうなると致命的です。

3、ホース部分からの水漏れが起きる

デメリットと言うなら、このホースが引き出せるタイプに共通している劣化(浄水器タイプに限らず)として、長年ホースを出したり引いたりしていくことにより「フレキホース」亀裂が生じて水漏れしてくる可能性があります。

 

 

この水漏れは水受けトレイ(容器)がシンク下に付いているためしばらくは気が付きません。漏れる水の量は徐々に増えるためキッチン下から水漏れして気付くのがかなり遅れることがあります。この現象がいつ起きるかは予想が付きません。

結論として・・・

最終的には好みになります。

浄水器内蔵型シングルレバー混合水栓に交換するべきかどうかは上記のメリット・デメリットを十分に吟味して決めて行かれるとよろしいかと思われます。いずれにしてもこのタイプの販売価格は高額になりますので、よくご検討の上、後悔の無いようにしてくださいませ。

最後までご閲覧まことにありがとうぎざいました!

更新日:2019年11月24日