給湯器の寿命は何年?故障するとどうなるの?

給湯器の寿命は「10年」

安全に支障なく使用できる設計標準使用期間が家庭用給湯器では「10年」と設定されています。   長いようで生活していると実は短いことに気付きます。この耐用年数はほぼ間違いが無く、ほぼ10年を過ぎる辺りでいろんな故障が始まってしまいます。

修理して使い続けることはできないの?

以前のブログでも少し取り上げましたが、給湯器のトラブル 給湯器の内部の部品が消耗していきます。例えば「給湯熱交換器」(給湯回路の水をお湯に交換する)や水量・水位センサー(お湯を沸かす準備をさせる・浴槽の水位を検知する)、電装基盤(操作信号で機械を動かす)など他にも細かな部品で構成されています。もちろん故障個所が特定できれば部品を交換することが可能ですが、部品によっては5万円前後するものもあり、当然ながら今後に他の部品の故障も生じ得ます。 また10年以上経つと部品の在庫も無くなる時期でもあります。こうした理由からほとんどの業者からは交換を勧められます。

 

よくある寿命の兆候(サイン)とは?

給湯器が壊れ始める時に、よく起きる現象があります。

まず「お湯の温度が上がらない」という現象です。設定温度よりもぬるいお湯しか出てこない場合があります。よく給湯器からの距離が長いためお湯を出しても直ぐに熱くならないことがありますが、その時間がいつもより長くなったり、全く熱くならなくなったりします。

しかし、注意していただきたいのは特定の場所だけの場合です。例えばキッチンではお湯が適正な温度でちゃんと出ているのにお風呂のシャワーだけ熱くならない、または洗面台の蛇口だけ熱くならない、という時は給湯器というよりもシャワー水栓や洗面台水栓だけが故障している可能性があります。その場合は水栓金具の修理または交換が必要となります。慌てて給湯器を交換しても変わらなかったという事が起こり得ます。

リモコンの不具合

給湯器はリモコンによって制御されています。電気信号を送る基盤が故障すると給湯器が正常に作動しなくなります。例えば、電源が入らなくなっていませんか?または液晶画面が薄くなったり消えてしまっていることがあります。あるいは運転ボタンを押しても反応が無い場合やエラー表示が出ることもあります。このような場合はリモコンが壊れている可能性があります。

エラー表示が点滅している場合は、一度「リセット」してみてください。取扱説明書を見てください。古くて紛失してしまっている場合は電源を何度かON・OFFしてみてください。または屋外の給湯器のコンセントを一度抜いて差し込んでみてください。配線の接触不良の可能性もあります。

冬場に多い凍結破裂

特に寒気が強まる時期に多いのが給湯器または給湯器の配管で起きる凍結破裂です。

給湯器の中にも配管の中にも常に水が滞留しています。

特に給湯器を使わなくなる深夜から早朝にかけて気温が下がり、氷点下になっていくと滞留している水が凍っていきます。写真のように配管には必ず「保温材」が施されています。ある程度の気温の低下でも凍結を防ぐことができますが、急激な氷点下によって凍結し始めます。

水の特徴を取り上げてみましょう。氷は液体の水が個体になったものですが、液体が個体になるには必ず「凝固点」と呼ばれる温度があります。「水」は0℃です。そして水が凍ると体積が1.1倍になります。つまり10%増えることになります。配管の中で凍結すると破裂してしまうのです。給湯器の内部の「給湯熱交換器」内にも水が滞留しています。もちろん給湯器ユニットには保温カバーが付いていますが、限界があります。非常に薄い銅管などはすぐに破裂してしまいます。

 

水漏れしてきたらどうすればいいのか?

まず水を止めましょう!

元栓を閉めるのが一番早いです。メーターボックスの中にバルブがあります。かなり回さないと止まりませんので、しっかりこれ以上回らないところまで閉めてください。

気温が上昇して配管の凍結が溶け始めると割れた部分から水が噴き出してきます。給湯器の内部から水が漏れているようでしたら、ガス屋さんを手配してください。配管で破裂している場合は水道屋さんを呼んでください。給湯器の交換には少し日にちがかかるかと思います。配管の補修は半日もあれば直ります。但し、配管や給湯器が高所にあるケースや特殊な建物によってはすぐに工事が出来ない場合もありますので予め知っておいてください。

給湯器の寿命を計算に入れて予め予算を組んでおくことは大切です。ガス給湯器も号数によって値段も変わっていきます。一番小さいもので16号でも約15万円前後しますし、24号だと30万円近くするものもあります。機能によっても値段は変わります。エコキュートもしくはエコジョーズなどは少し割高になります。よく検討して買い替えをご準備ください。