トイレ交換するのでタンクレスはどうですか?

トイレは大きく変化してきた

トイレの便器はこれまでいろいろと変化を遂げてきました。日本では和式便器から洋式便器に変化してきました。生活スタイルが欧米化してきたため使用される設備も大きく変わってきました。 その後、資源の無駄使いを減らすことに特化したトイレが開発されてきました。それは排水に使う水の量を減らす技術も進化させてきました。そして今ではトイレタンクを無くしたタンクレストイレを生み出しました。




しかし、トイレは年数が経つごとに劣化していくものです。いろいろと不具合や老朽化の色が目立ってくるかもしれません。実際に調子が良くない便器をお使いかもしれません。そろそろ便器を交換しないとダメかな?とお感じの方や交換を希望している方は次のトイレとして「タンクレス」トイレを候補に挙げているかもしれません。こちらも参照➡トイレを交換しないといけない3つの理由

タンクレストイレとはどういうものか?

タンクレス」という名前の通り、水を溜めるタンクがありません。従来は排水させるための水をタンクに溜めて一気に流すことで汚水を排水させる方式でした。それを「洗い落とし式」と言います。便器の後ろに「ロータンク」と呼ばれるタンクが付いていましたが、そのタンクを無くしたものが「タンクレス」トイレです。

「タンクレス」トイレはどうやって水を流すのでしょうか?

基本的には給水管を直結させてその水圧を利用して流しています。ゼット管という穴から水を噴射させて排水を助けます。ただ水を出すだけですと排水力が弱いため、便器内で水流を作る仕組みになっています。一定の水が溜まり電磁弁が開いて一気に排水させます。この動きのほとんどが電気制御されています。

タンクレストイレのメリット

非常にコンパクトで省スペースとなります。従来のタンク式のトイレよりも約10Cmほど短くなりますのでトイレの空間が広がります。またおしゃれ感が違います。節水の能力も高く経済的です。 トイレ自体がコンパクトなのでお手入れも楽になります。タンクに水を溜めなければ流れないということがありませんので水を連続で流せるといった点もメリットになります。





タンクレストイレのデメリット

まず、水道管の水圧を利用して排水させるため元々水圧が弱い住宅では設置ができません。全く無理ではなく増圧専用のブースターを取り付ける方法もありますが、その分費用がかかります。  電気制御して作動しますので、停電の際は使えなくなるかもしれません。 もちろん緊急時の手動用のシステムが設置されてはいますが、緊急用のレバーを使う方法などをきちんと把握していなければなりませんし、電池バッテリーの点検などを小まめに行っていないといざという時に「電池切れ」が起きて使えないといった事態になります。

また手洗いが無いため、別に手洗い用の設備をトイレ内に設置しなければなりません。トイレの近くに洗面台があればいいのですが、離れていると手洗いの手間がかかります。トイレ内のスペースが限られていると手洗い用水栓の設置が困難なケースも生じます。

さらに価格が従来のタンク式よりも高額になります。機能も様々ですが、すべてが電気制御されているため故障等が起きた場合は、メーカー対応でしか修理が困難です。

取り付けてからは変更できない

トイレの交換をお考えの方は、タンクレストイレも検討しているかもしれませんが、上記のメリット・デメリットを比較検討してお決めいただきたいと思います。各メーカーによって特徴が異なります。どの機能がお好みなのかを考慮して必要ではない機能があればそうでない機種を選択しましょう。こちらも参照ください。➡トイレをリフォームする際の注意点

一度設置してから、「やはりタンク式が良かった」となっても変更は効きません。もちろんすべての費用をもう一度かければ可能です。しかし、そのような無駄なことはなるべく避ける方が賢明です。”最近の流行りだから”とかで決めるよりも実際に使うとどうなるのか?をイメージして決めるようにしてくださいませ。良い選択の一助になれば幸いです。