トイレをリフォームする際の注意点

トイレをリフォームしたい

長年使用してきたトイレがかなり古くなってきて調子もおかしい・・・そろそろリフォームする時期なのかな?そうお感じの方も多いかと思います。まず何をどう考えていけばいいのでしょうか?単純に水道屋さんに依頼すれば1から10までやってくれますが、業者の言われるままに施工してもらうと自分の意向とはちょっと違う感じになって、費用も莫大になってしまうことも起こり得ます。どうすればいいのでしょうか?







1、どこまでリフォームするかを決める

まずリフォームをどの範囲まで行うかをよく検討して決めておくことが必要です。

便器だけなのか?床のCF(クッションフロア)まで交換するのか?壁クロス(壁紙)も一緒に新しくするか?などです。中にはトイレの床が腐食してへこんでしまっているお宅もあります。その場合は床板の張替工事も必要になることと思われます。

業者を手配すれば当然この辺りまでは営業してきます。ご自分がどこまで新しくしたいのかが定まっていないと言わるまま工事が追加されていきます。結果として費用が上がっていきます。

2、どんなトイレにするのか

今ではいろんなトイレが販売されています。タンクが無いものやウォシュレットが一体化したものや自動で洗浄する機能や便蓋が自動に開閉するタイプなど様々です。これに関してはトイレのスペースや立地条件にも選択が狭まります

狭いスペースの中に大きな便器を置けばその分狭くなり使用時の動作に不便さを感じる可能性があります。またタンクレス(タンクが無い)の場合は省スペースでおしゃれ感があるものの住宅の元々の水圧が弱く、規定水圧に達していないと流れなかったり、停電時には使えなくなるというデメリットもあります。洗剤が流れるトイレもありますが、陶器ではなく樹脂製ですので経年により変色しやすくなります。また節水力を売りにしている便器も注意が必要です。こちらも参照ください➡知らないと怖い?節水トイレの正しい使い方とは?



いずれにしてもご自身の一番好みとなる便器を選択しておくことは大切です。もちろん価格も大きな要素です。どの機能が必要・不必要なのか?色は何種類選べるのか?などいろいろと精査して決めて行かれると良いかと思います。

3、どれくらいの予算で行うか?

リフォームしたいと思っても先立つものは「予算」です。

どこまでやるかは予算で決まるといってもいいかもしれません。しかし、どうせリフォームするならきちんと満足のいく仕方で行いたいと思うのも事実です。特にこだわりが無いようでしたら単純に水道業者かリフォーム業者の数社に見積もりを取って一番安い業者にお願いすることもできます。

しかし!安い事だけ見てしまうと危険もあります。

これまで伺ったお客様の中には安いだけで決めてしまい、施工の不備などがあっても全く対応しない業者だったとお聞きしたことがあります。大幅な値引きをすれば当然最低の利益しかもたらさない訳ですから”アフターサービスまでやってられない”というのが本音かもしれません。

それで業者さんを決める際には、その会社の取り組む姿勢やアフターサービスまできちんと行ってくれる誠実なところなのかを見極める必要もあります。時間や約束を守るかどうかも誠実さが表れます。ぜひ良い選択をして満足のいくリフォーム工事を行っていただければ幸いです!