フロートバルブを交換する方法

フロートバルブと何か?

トイレの水がなかなか止まらず流れ続けている?なんてことはありませんか?その主な原因となっているのが「フロートバルブ」と呼ばれる部品です。

 

 

トイレのタンクの中にはいろいろな部品があります。中でも便器に水を流すためにレバーを動かしますが、そのレバーによって開く「」がこの「フロートバルブ」となります。この部品は大抵がゴム製となっています。

タンクの水を便器内に流し込むとボールタップの浮きが下がり水が注水されます。それと同時にタンク内の水の大半が流れ切ると再びこのフロートバルブが閉じます。水が徐々にタンク内溜まっていくとその水圧でしっかりと栓となり水が流れなくなります。

しかし!水にずっと浸かっていますので必然的に劣化していきます!

そうなると流していない時には便器に流れないようにフロートバルブが止めている訳ですが、消耗してくると徐々にゴムの栓が効かなくなり、便器内にチョロチョロと水が流れだしてしまいます。初めは気付きにくく、知らないでいると少しずつ漏れる量が増えていき、知らぬ間に水道料金が増えてしまうことになります。こちらも参照➡トイレの水が止まらないのはなぜ?

便器にトラップ構造ですので常に水が溜められていますが、この「便チョロ」が起き始めるとその水面が常にゆらゆらと揺れているのが分かります。つまり水が無駄に流れ出ているのです。

フロートバルブの交換方法

フローバルブの交換の仕方を解説します!

1、止水栓で水を止めて、タンクの水を抜く。

 

まずタンクに水が入らないように止水栓で水を止めてください。それからタンク内の水を全部抜きます。水を空にしてから交換作業ができます。ゴムが溶けていますので素手で触ると真っ黒になってしまいますので、ゴム手袋などを装着されることをお薦めします。墨(墨汁)と同じようなものになりますので、周囲に付けないように注意してください。衣服や壁紙などに付くと落ちません。

2、古いフロートバルブを取り外す

 

ドライバーなどで回りを傷つけないようにして外してください。サイフォン管の軸に穴がはめ込んであるだけなので簡単に外せます。ゴム手袋をしているなら手で外してもいいです。工具を使う場合は他の部品に損傷を与えないようにくれぐれも注意してください。

3、レバーフックから金具を外す

 

レバーに引っかかっているフックもはずしましょう。そうすれば取り出せます。フックがペンチなどできつく閉められているようなら工具でこじ開けて取り外します。レバーのシャフトを曲げたり折ったりしないようにも注意してください。

4、新しいフロートバルブを取り付ける

 

新しいフロートバルブを取り付けます。玉鎖(チェーン)の取付位置はレバー開けてある程度開けば大丈夫です。余り過ぎず、ピーンと張り過ぎないようにフックを調節して取り付けましょう。何度か動作確認をしてみましょう。 きちんとレバーと連動して閉まれば大丈夫です。





 

フロートバルブにもサイズがあります

このフロートバルブには2種類のサイズがあります。「大」と「小」です。TOTO製ですとTHY416R定価¥730(税別)が「小」で小さいサイズで、THY418定価¥860(税別)が「大」です。パッと見ただけでは見分けがつかない?どっちなんだろう?と迷うことがあれば画期的なフロートバルブがあります。

これです!

これは「三栄水栓」のフロートバルブです。なんと4種類の穴の位置に対応しているマルチタイプです。例えば「大」であれば一番端の穴に差し込みます。また「小」であれば真ん中に穴です。他にも違うメーカーの特殊なサイズにも合わせることできる優れモノです!

型番は「PH84-92X」定価¥840(税別)です。

このフロートバルブならサイズを間違えることはありません。DIY店で購入できますし、ネット販売でも手に入れることできます。取り付け方が不安ならこのパッケージに取付方法も印刷されています。奥様でも簡単に交換出来ます。

ぜひこのブログを参考にして水漏れを解消して水道代の無駄を無くしていただければと思います。