配管の水漏れが起きる原因とは?補修の方法

配管の水漏れが気付きにくい理由

配管の漏水は戸建ての場合とマンションとでは気付くスピードが違います。マンションの場合は床下配管の漏水が起きるとほぼ短時間で階下に漏水被害が生じます。それによって補修工事がすぐに行えますが、戸建ての場合は配管が地中にあるためなかなか気付かないケースがほとんどです。

 

配管の漏水が起きる原因とは?

地中に埋設された配管も建物や設備と同じで時間の経過と共に老朽化していくものです。      特に配管は建てられた年代によって、施工方法や配管の材質も違ってきます。古い住宅の場合、水道管に鉄管を使用している場合もあります。前のブログでも触れましたが、鉄は酸素の影響で酸化しやすく錆やすいものでもあります。

特にジョイント部分は腐食による破損が起きやすい箇所で小さな亀裂が徐々に広がっていく感じになります。また地盤の変化や地震の影響もあり、漏水が始まるケースもあります。露出配管の場合は冬場においては凍結による配管破裂が起きてしまいます。こちらも参照;配管凍結

漏水が分かるのはなぜ?

一番多いパターンは水道検針員による指摘です。

2ヶ月毎に水道メーターの検針があります。その際に上下水道の使用量を測る訳ですが、毎月平均した水道使用量よりも極端に増えている場合、検針員が住民に報告してくれます。その際に「漏水連絡票」なるものを渡されて修繕工事を行うよう薦められます。

次に水道料金が高くなっている事で気付くパターンもあります。

「水道料金のお知らせ」の紙がポストに投函されていますが、見るといつもの2倍から3倍になっていて、びっくりして水道業者に調査を依頼される方もいらっしゃいます。当然目視で分からない箇所の場合がほとんどで水道業者でも見つけられない場合もあります。可能性の中にはトイレのタンクの水漏れがあります。こちらを参照ください。→ トイレ水漏れ 水漏れ 水漏れ

 

配管漏水の修繕方法

埋設配管の場合は、漏水箇所が特定できればその地面を掘削して配管を露出させます。     それから漏水箇所を特定し、補修工事を行います。上で取り上げた鉄管の場合は、少し手間がかかります。継手部分を探し、継手と継手の間のねじ込みを外して新たに配管を組みます。

塩ビ配管の場合はある程度簡単に補修できます。漏水部分を特定したら、その箇所を切断してソケットを糊付けして繋ぎ合わせるだけです。

 

 

塩ビ用の接着剤も普通のグレー色の塩ビ管(VP)用と黒色の硬化塩ビ管(HI-VP)用のものが違います。水道屋さんなら分かりますが、一度接着するとやり直しが効かないため、1回で決めなければなりません。時折、スケールで測ったにも関わらず長さが合わずやり直すということがありますが、材料が再利用できないため全くの無駄になってしまいます。配管の組み方も良く計算しなければなりません。

マンションの配管補修の場合

マンションなどの住宅の場合は、床下の配管の補修になります。但しどこから漏れているかは階下の部屋のどのあたりから漏れているかで調査します。例えば洗面所やリビングや台所の天井からなのかをリサーチして直上の配管から調べていきます。

床がフローリングであれば、どこかを開口させていただいて調べます。点検口があればそこを使って確認できます。但しマンションの場合は複雑で漏水している配管からかなり遠い部屋の天井から漏れて来る場合もあって、数か所を調査しなければならない場合もあります。

古いマンションであれば戸建ての場合と同じように配管の材質によってやり方が変わってくるかもしれません。もしかすると部屋全体の配管を引き直す必要も生じてきます。そうなってくると大工事になりますね。工事の場合はオーナーマンションでも管理組合の規定がありますので、それの沿った修繕工事を行う必要があります。勝手に出来ないことが多いようですのでご注意を。

 

丈夫で長持ちする配管

配管技術も日々進歩しています。

最近では塩ビ管よりも簡単で丈夫な「ポリエチレン管」が登場しています。何がいいかと言えば塩ビ管のように配管を組む必要が全くないところです。いわばホースのように自在に這わせて設置できます。劣化しにくく長持ちします。ただし費用がかなり高くなります。

 

 

こればっかりは、費用を取るか耐久性を取るかの判断になりますね。マンションの築年数や今後の住む方のライフスタイルに合わせて検討していけばよろしいかと思います。リノベーションして賃貸物件とさせるのであれば長持ちする方をお勧めします。安価な素材で何かが起きれば修繕費用の方が高くつく場合があるからです。

配管漏水は起きてほしくありませんが、現実として起きてしまうものでもあります。起きてしまったらどのように対処していくべきかをよく検討して工事を手配しましょう。当然工事期間中は水が使えなくなる場合がほとんどですから、その時期を何処で過ごすかなども考えておく必要もありますね。