トイレの詰まりはどうしたら直るのか?

トイレが詰まるのが本当に困る

いつも使えていたトイレが詰まってしまうと本当に困ります。

トイレ詰まりは人生でそれほど頻繁に経験することではありませんが、何度か繰り返してしまう方もいらっしゃいます。

そんな時、どうすればいいのでしょうか?

無駄な行為とは何か?

 

トイレが詰まるととにかく何かやってみよう、と思い立ったことを実践するかもしれません。例えば「熱湯をかける」「針金を入れてみる」「漂白剤や洗浄剤を注入する」などなど・・・。いずれも効果的な方法とは言えません。

 

 

なぜか?

便器の構造や詰まりの状態をよく理解していないことが挙げられます。便器内部のトラップ構造になっているため上記の作業は詰まりの元に直接影響を与えるものでは無いからです。

つまり、詰まっている「元」に力が到達できる手段が1番効果的になります。その手段の最も効果的なものは・・・

 

「ラバーカップ」です。

このラバーカップこそ最も効果的な道具となります。ただし、この道具の使い方が分かっていない方がほとんとです。使い方に関してはこちらをどうぞ➡検証!詰まり抜きはラバーカップが最強説

正しい使い方であれば詰まりのほとんどが解消します。

プロの水道屋さんもラバーカップで作業したいのですが、さすがにこれで詰まり抜きをしてしっかりした料金を請求するのは難しいため、この原理を活用した「ローポンプ」という道具を使っています。
 

ラバーカップよりも強力な道具

ラバーカップよりもっと強力な道具はないのでしょうか?

あります。それは「ハイスパット」という道具です。使い方や道具の仕組みについてはこちらをどうぞ➡トイレが詰まったどうしよう?使える道具とは?

 

 

この道具は高額になりますので、一般の方にはお勧めしません。詰まりの原因によってはこの道具での作業で「汚物」を撒き散らしてしまう危険がありますので注意が必要です。

例えば「物詰まり」の場合です。

トイレットペーパー以外のもので固形異物であれば、完全に排水口を塞いでしまっていますので「空気」や「水」の力では抜くことができません。こちらも参照➡トイレ詰まりの意外な原因

そうなるとどうなるのでしょうか?

便器脱着して異物を除去する

ということになります。さすがにこれは一般に方には難しいかと思われます。そもそも「便器など簡単に外せるのか?」と疑問に思われる方もいらっしゃいます。が、意外に簡単に取り外せてしまうのです。

 

 

異物を流すこと以外にも詰まる要因があります。

内蔵系の薬(糖尿病・高血圧を抑える・整腸など)飲んでいる方の「便」です。これはそれぞれの体質によっても違いはありますが、特徴として、かなり粘度のある便になってしまい、便器内や配管に黒く付着してしまうようです。

 

 

これが年数が経つと排水管を狭くしていき、流れが悪くなります。この場合は汚水管にこびり付いたものを剥がしていかなければならず、恐らく高圧洗浄でをしなければ解消できません。便器側にも付着している場合は、除去するのは困難なため便器を交換していただくことになります。

大量に「便」が出てしまうことも詰まりの原因になり得ます。

この場合は、予防策として使用中で1回流すことです。出し切ってから一挙に流すと確実に詰まります。ですから小分けして流してみましょう。

ハイスパットとラバーカップのいいとこ取りの道具

ハイスパットの道具とラバーカップの原理をうまく合体させた道具があります。ラバーカップは使い方をマスターしないとうまくいきませんが、この道具に関しては間違うことはほぼありません。

それは「バッコンバー」という道具です。

 

 

これは意外と簡単に抜ける道具になると思われます。ホームセンターなどでもひょっとしたら置いてあるのかもしれませんが、これまで探してみましたが無かった感じがします。

ネットで見つけました。こちらです。


 

詰まった便器の鉢内に水を張り、この「バッコンバー」を差し込んで押したり引いたりすると意外に簡単に抜けてしまいます。先ほど紹介した「ハイスパット」の先端部分だけにしたような道具です。

周りに汚水が跳ねたりしないようにゆっくり力を入れながら行ってみてください。この道具は主に「トイレ」専門になりますので、その他の排水口の詰まりには適さないかもしれません。

上記の商品バナーからお買い求めできますが、商品に対するクレームやお問い合わせはこちらでは受け付けていませんので予めご了承ください。

これらを試してから業者を呼ぶ

そうした方が賢明です。

なぜなら簡単に抜けてしまうケースがほとんどだからです。その度に水道屋さんを呼ぶと高額な料金がかかります。消費増税も加わり業者によってはここ数か月で料金改定なども行われています。

もちろん詰まりの原因がはっきりしているものは専門業者にお願いしないと駄目ですが、そうでないならぜひ自分で作業してみてください。コツが分かればあなたもプロと同じですよ。