蛇口からの水道水の水圧が強いとどうなるか?

水道水が蛇口に届くまで





水道の水の供給が途絶えないために水を貯める「ダム」があります。このダムは貯水のためだけでなく河川の氾濫を防ぐ、治水効果の役割も果たしています。しかしダムの水は天候によって豊かにもなれば枯渇することもあり、すべては自然の摂理に委ねられている現状があります。

 

 

主に川の水を堰き止めて水を取り入れる「取水堰」(しゅすいせき)というポイントがあります。そこから「導水管」(どうすいかん)という水路を設けて「浄水場」に送ります。この「浄水場」では川からの水を凝集沈殿させ、ろ過や消毒を行い、安全性の基準に合った「水道水」にしていきます。

そのようにしてできた「水道水」が給水所に送られ、「配水池」に一旦貯めて各家庭に届くように「ポンプ」で送水します。この時、時間ごとに変わる水の使用量に合わせて、送る水の量や圧力を調節しています。これが水道水がご自宅の蛇口から出てくるまでの仕組みです。





ポンプからの水圧は場所によって違う?

 

 

通常、ポンプ場から各家庭に配水される水道水の水圧は、0.25~0.3メガパスカル(MPa)です。水道法では配水管の水圧の最低基準が0.15メガパスカル(MPa)となっています。この水圧はいったいどれくらいの圧力なのでしょうか?

0.1メガパスカル(MPa)の水圧があれば10mの高さまで上がることにあります。つまり水道管が突然破裂でもすれば平均的な水圧であれば25~30mの噴水が起こることになりますね。実際、日本の幾つかの道路で水道管破損による噴水がありましたが、すさまじい限りですよ。その辺のもの(アスファルトやマンホールや車など)が簡単に吹き飛ばされちゃいます。つまり水圧がかかれば蛇口にかかる圧力も大きいということになります。

水圧が高いと蛇口にどんな影響があるのか?

 

水道を締める時に、時折「ガクン!」という低い配管からの「音」が聞こえませんか?これは水圧による「水撃」つまり「ウォーターハンマー」という現象です。水圧が高ければ高いほどこの「ウォーターハンマー」は弊害をもたらします。

厳密に言えば、この「水撃作用」とは水道管の中に水圧が溜まっています。蛇口を開けることによってその水圧が水流となって流れ出ようとします。その水流を急に締め切ってしまった場合に流体の運動エネルギーが逃げ場を失い、その圧力エネルギーが配管内に急激な圧力上昇を生み出します。その時に発生する「過大圧力波」のことを指します。

 





 

この衝撃波は、水栓金具の弁体や給湯器などの制御部品に負荷をかけます。この衝撃や振動を何年も加えられていきますと、蛇口の損傷や破損が起きて水漏れなどが発生しやすくなってしまうのです。この原理がお風呂場で使うシャワーをスイッチ式にすることでも当てはまってしまいます。こちらも参照ください。➡スイッチシャワーは便利ですが故障に要注意?

特に水の出がいい住宅は要注意

日ごろから水圧がいい住宅では、水栓金具の損傷に気を付ける必要があります。そもそも蛇口には水圧が常にかけられています。水を出し止めするだけでも負荷がかかっているのです。では対策としてはどうすればいいのでしょうか?以前のブログでご紹介した方法をお勧めします。こちらをどうぞ➡水道料金を節約するための意外な方法

量水器のメーターバルブを少し締めておくとかなり違ってきます。ただし締めすぎると今度は水の出が悪くなり、逆に使いにくくなってしまいます。丁度いいところで抑えて締めましょう。