水道メーターどこにあるかご存知ですか?バルブはきちんと閉まりますか?

自分の家の水道メーターがどこにあるかご存知ですか?





宅内の水道修理や水栓交換の際には水道メーターのバルブを閉める必要があります。しかし、どこにあるのか分からない?という方も多くいます。2ヶ月に一度水道検針員が確認しに来ているので何も言われなければ必ず何処かにあるはずです。ただ彼らは無言で行うので聞くタイミングもありません。

なぜ自分の家の水道メーター(量水器)の位置をしておくべきなのでしょうか?

万一、家の中で水漏れが発生した場合、すぐに対応できないならまずは水を止めることが必要になるからです。「蛇口の水が止まらない!」「トイレの水が止まらない!」など緊急的に水を止めなければならない時に「元栓」=「水道メーターバルブ」を閉めることが求めれらます。場所を把握していなければ閉めようがありません。

水道メーターからわかる漏水

水道メーターから判明することの中に「漏水」があります。

小さな針が幾つかありますが、そこではなく銀色の丸い回転するところがポイントです。これは「パイロット」と呼ばれていて、水道を使っているとその水量に応じてクルクルと回転します。水を使わなければパイロットは止まったまま全く動きません。ところが配管や蛇口やトイレのタンクの中で水漏れしていると水を使用していないのにパイロットが回転してしまうのです。こちらのブログも参照ください。➡水道の検針員から漏水を指摘されたら





メーターバルブがきちんと閉まらない

滅多に開閉することのないメーターバルブ(元栓)ですが、蛇口を交換したり修理したりする際に元栓を締める必要があります。しかし、時折メーターバルブが閉めても水が出続けてしまうことがあります。それは「バルブの劣化」です。このメーターバルブは普通の止水方法とは異なります。

大きく2種類あります。1つは「ゲート式バルブ」ともう1つは「ボール式バルブ」です。

簡単に解説するとゲートバルブはまさに小さな鉄のゲートがハンドルを締めると下がり完全に塞いで水が止まります。ボールバルブは鉄の球体に穴が開いていてハンドルを回して球体が徐々に回転して穴を塞ぎ水が止まります。原理は極めて単純ですが開閉にはかなりバルブを回し続けなければなりません。水が止まらなくなる原因はこのバルブのどこかで異物を噛んでしまったり弁体が変形yや欠損してしまったりすることで生じます。





どうやって直すのか?

メーターバルブを交換するには「止水弁」または「制水弁」を閉めなければなりません。

この止水栓は地域や築年数によっていろいろあります。ハンドル式もあればコック式もあります。かなり深い位置にある場合もあります。止水栓によっては「開閉器」といった道具でないと開け閉めできない場合もあります。上記の症状の場合、ほとんどがバルブの交換になってしまいます。ただこの工事に関しては各自治体の水道局にまずは相談して行った方が良さそうです。メーターバルブも市区町村によっては指定されたものでしか交換できないものがあるからです。

工事も各自治体の指定業者でないと作業出来ないこともあります。

直す必要があるか?

メーターバルブが壊れているからといって交換修理する必要があるかどうかは各自の判断によります。つまりあまり開閉したりするところではないからです。交換しなくても水道の使用には何ら差し支えはありません。水を止めたい時にきちんと閉まらないだけです。それで慌てて交換したりする必要は全くありません。それでも交換したい方は、上記のようなことを踏まえて行ってください。今回はこんな感じでした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です