マンションの高圧洗浄は定期的にされていますか?

マンションの雑排水管の汚れ

たくさんの世帯が集合して生活するマンションでは特有の水回りのトラブルも多いと言えます。 その一つは「雑排水管の詰まり」です。台所・洗面所・洗濯機・浴室の排水配管がそれにあたります。汚水管は別になっていることが多いようですが、1Rマンションなどでは一緒になっています。

排水管は各部屋の床下を通って玄関側にあるP.S内(パイプスペース)の縦に伸びている太い幹配管に繋がっています。この縦管は共有部になり部屋内の細い排水管は専有部というふうに分類されます。排水が詰まりやすいの専有部の細い排水管の方です。以前のブログでも取り上げましたが、排水には少なからず油分が含まれます。その油分が配管に付着して流れを悪くしてしまいます。 (こちらも参照ください➡台所の排水が詰まる原因とは?

多世帯の住宅では共通のトラブルとなるためマンションによって定期的に排水管の清掃を行っているところがほとんどです。エンジン式の大型高圧洗浄車を使った配管洗浄が年に1回ほどのペースで行われています。(管理組合の規定によってまちまちです。)

 

 

しっかりと立ち会うことの大切さ

特に大型マンションでは1日ですべての部屋を洗浄できません。ぎりぎりの戸数で限界を決めて数日間行います。この作業には必ず居住者の立ち合いが求められます。もし不在時に勝手に部屋に入ってされるのは気分が落ち着きませんよね?業者も不必要なトラブルを避けるために居住者立ち合いを条件としていることが多いです。

立ち会う際には、作業をしっかり見守っていることも大切です。

専属の業者はほとんどがきちんと作業しているかと思いますが、中には「適当」に作業している業者もいます。なにせ時間内に各部屋を回らなければならないので、1箇所に時間をかけていられないのです。そのため高圧ワイヤーをきちんと奥まで入れて清掃してくれているかを見守っているのも必要になります。やはり見ていると「適当」にはできないものです。




台所やお風呂場は特にきちんと高圧洗浄してもらいましょう。

作業員さんと良い関係作りも必要です。不愛想に接すると作業員さんの心情からすると「なんだこの人」という気持ちになり丁寧に作業してやろうという気持ちにはなれないものです。逆に「お世話になります」「ありがとうございます」といった言葉をかけるだけで気持ちよく作業していただけると思います。より丁寧にしてくれると思います。”管理費払ってるんだから当然だ”なんて態度はやめましょう。

 

マンション設備の宿命

 

 

マンションの構造上、排水配管が長くなったり曲がりが多くなったりするのは仕方の無いことです。それが原因で詰まりやすくなってしまうのも事実です。使い方で注意していても生活排水は制限できません。しかし何もしないよりは予防は大切です。

油分は新聞紙などで拭き取って燃えるゴミとして捨てたり、定期的にパイプ洗浄剤などを流したりすることもできます。こちらも参照ください。➡排水が詰まった時に薬剤は効くのか?日頃の心がけで水のトラブルを避けるように努めることが出来ます。

万一排水詰まりが起きてしまったら、高圧洗浄の時期を調べてください。もし間近に予定されているようでしたらそこまで辛抱して洗浄してもらいましょう。まったく先の話であれば仕方がありません、業者を手配して詰まり抜きをしていただきましょう。参考になれば幸いです。