排水が詰まった時に薬剤は効くのか?

排水がつまって流れない

水のトラブルでも排水が流れなくなることほど困ることはありません。

どうしていいのか途方に暮れてしまいますね?

皆さんどうやって対処されていますか?

まず皆さんが対応される方法の一つが「薬剤」ではないでしょうか?ドラックストアに行けばあらゆるタイプのパイプ洗浄剤が陳列されています。液体タイプ(ジェル)・粉末タイプ・固形タイプに分けられます。中には詰まる場所によって使い分けるものもあります。

パイプ洗浄剤なら何でもいいの?

例えば、キッチンの汚れとお風呂や洗面台での汚れによる詰まりは原因が異なります。大体の主な成分は次亜塩素酸ナトリウムまたは水酸化ナトリウムとなっています。次亜塩素酸ナトリウムは髪の毛なのどのたんぱく質を分解する能力があります。また水酸化ナトリウムは油分を分解するのに効果的な成分となります。

つまりキッチンなどの排水の詰まりは主に油分が原因となっていますので、水酸化ナトリウムの成分が強い方が効果が期待できますし、浴室や洗面台では髪の毛の詰まりが多いので次亜塩素酸ナトリウムの成分が多く含まれているものが効果的と言えます。成分表示をよく確認して購入するようにしましょう。

業務用には「苛性ソーダ」系の洗浄剤がありますが、これは医薬用外劇物扱いになっています。 つまりこの洗浄剤は「劇物毒物取扱責任者」と呼ばれる国家資格が無ければ扱うことができません。何らかの手段で手に入れたとしてもご家庭では安易に扱わないようにご注意ください。

 

粉末や固形タイプの洗浄剤はどうか?

 

粉末や固形タイプの洗浄剤のメリットは、取り扱いが簡単であることです。このタイプの洗浄剤は水に溶かしてから汚れなどと化学反応を起こして分解するというものです。主な成分は塩素化イソシアヌル酸塩になります。つまり排水が溜まっている箇所に対して水を反応して分解させるものなので、水が溜まっていないところまでは届きません。ですからヌメリの溜まった排水管などに粉末や固形のまま投入してもほとんど反応せず、何の効果もありません。

この仕組みから、使い方の一つはバケツや容器に水を汲んでそこに固形剤入れて溶かしてそれを流すという方法です。但し、含有されている発泡剤からすればその効力も洗浄の効果を発揮させるようですので直接投入するよりも効果が薄くなるかもしれません。

結論として・・・

市販されている洗浄剤はどれも成分量が定められていて効力も限られたものしかありません。

排水の詰まり方にもよりますが、年数をかけて徐々に流れが悪くなったとすれば排水パイプの汚れもかなり蓄積されたものと言えます。つまり洗浄剤を流した程度は解消することは困難と言わざるを得ません。特に排水管がどれくらいの長さがあり、どのような組み方をしているかによって詰まりの具合も変わってきます。どんな詰まり抜き作業があるのかは、こちらのブログをご覧ください!➡排水管の詰まりを抜く道具 電動トーラー機排水管の高圧洗浄は必要ですか?

一番いい解消法は?

一番効果的で時短になる解消法は専門業者に配管洗浄をしてもらうことです。

 

よく近所で高圧洗浄車が来て詰まり抜きの洗浄を行っている業者が、ご近所にも訪ねて来て勧められることがありませんか?突然なので飛び込みのセールスだと思い、すぐにお断りしてしまうことがあるかもしれません。

しかし、実はそういった業者は良心的な料金で売り込んでいる場合が多いです。

なぜか?

高圧洗浄の作業を始めるには道具を準備する時間がかかります。当然片付けるのにも時間がかかります。高圧洗浄ワイヤーなどを広げたりタンクに水を注水したりして準備にかなりの時間が要します。それでせっかく準備したので隣近所にも提案して作業すれば短時間で済むというメリットがあるからです。その代わり料金を安くしてもらえることがほとんどです。

つまり改めて呼んで作業してもらうよりも格安で洗浄してもらえるのです。

それで是非、飛び込みで高圧洗浄を勧めて来られたら金額を聞いて1~2万円程度でしたら家中の排水管の洗浄してもらえば、かなりお得になりますよね。

是非、参考にしてくださいませ!