排水口からゴボゴボ音がするのは何の前兆?

お風呂や台所の排水口から音がする





排水を流すと「ゴボゴボ」と音がするようになっていませんか?でも詰まっている訳ではありません。通常通り排水は流れていきます。でも流れた後には音が鳴るようになってしまっています。何が原因なのでしょうか? 何かの前兆なのでしょうか?

 

 

排水は意外に大量の水を流しています。

例えば、5分間水を出しっ放しにすると、なんと60リットルのも水が流れていきます。浴室のシャワーも3分間流れっ放しにすれば36リットルの水が流れ出てしまうことになります。勿体無いですよね?もちろん汚れや油分なども一緒に流れていきますので、配管が汚れていくことが想像できます。

排水は配管の中をどうやって流れるか?

排水は配管の中でどのように流れて行くのでしょうか?大抵の住宅では排水管の口径が40mmとなっています。配管も住宅によって横に伸びたり縦になっていたりいろいろです。排水の水は配管の全体に流れている訳ではありません。

 

 

横に伸びている場合は、配管の底辺になる部分を排水は流れます。ですから汚れは配管の下側の部分に溜まりやすくなります。そして排水管の上の空間は空気の抜け道ともなっています。何もない配管の中には実は空気が入っています。大量の排水が流れてくれば水の押し出す力によって空気が外へ押し出されていきます。

ゴボゴボと音が鳴るのはなぜか?

排水管は本来丸い管の中の底辺部分に排水が流れていくため、空気は外に出よう出ようとするのです。普通はスムーズに空気が押し出されていきますが、配管が汚れてしまうと空気の逃げ場がどこにもなくなり、排水が出て行こうとすれば空気が逃げようとします。

 

 

もし排水管で油脂詰まりなどが起きていたりすると本来に逃げれるはずの空気が逃げ場を失います。本当に詰まってしまうとこの現象によって排水が全く流れなくなってりしてしまうのです。

 





 

ですから「排水口」からゴボゴボというように鳴っているのであれば、排水管の何処かで排水が詰まっているとみていいでしょう。排水管の中の空気が出ようとするのに壁ができるような状態になって必死に空気が出ようとするため音が鳴ります。

どうしたらいいの?

今はまだ大丈夫だったと思いますが、今後排水管が詰まり始め、うまく排水ができないようになっています。その閉塞させている部分に管洗浄作業を行う方が賢明です。高圧洗浄が望ましいと思われます。

血管のコレステロールのように一度付着してしまうとそう管内に油分がこびりついています。パイプ洗浄などを上手に活用しましょう。それでゴボゴボと音がするようになったなら排水管の汚れがひどいことをしっておくことは大切です。