トイレつまり ラバーカップで直らない原因とは?

トイレが詰まっていつものラバーカップで直らない?

トイレが何度か詰まってしまうご家庭には必ず「ラバーカップ」があります。スッポンと呼ぶ方もいらっしゃいますが、このブログではラバーカップと呼ばせていただきます。このラバーカップの使い方については以前のブログでも取り上げました。こちらを参照➡検証!詰まり抜きはラバーカップが最強説




しかし、

いつもはこれで抜けるのに今日はなかなか解消しない!どうして?・・・

こんな時ありませんか?

その理由は、異物が挟まっています。

異物が流れてしまうと便器の中を通り抜け、排水口に向かいその出口や排水ソケットの辺りで挟まってしまい、トイレの排水が流れなくなってしまいます。特にこの時期に多いのが健康診断にっよる「検尿カップ」です。検尿の指示には中間尿、つまり出始めの尿では無く、出ている途中の尿を採尿しなければなりません。そのため検尿カップに溜めるにはかなり注意しなければならなくなります。






カップからスポイトで採尿して完了ですが、残った物は当然便器に流して捨てることになります。その時!手が滑って便器の中に流れてしまうことが起こり得るのです。特に子供は誤って流しても排水されたと思い、親に言わないかもしれません。(もしかしたら怒られるのが嫌で黙っているかもしれませんね。)

特に検尿カップが厄介なのは、折り畳み式になっているため広げるとカップになる方式です。流れたカップも折り畳まれて流れて行くことはまずありません。水流によってカップが広がり、大きく広がります。そこにトイレットペーパーなどが絡んで便器裏の排水口や排水ソケット内に挟まるのです。

どうやって解消させるのか?

どうやって流れてしまった物を取り除くことができるのでしょうか?

それは「便器を取り外し」て取り除くしか方法はありません。最近の便器は思ったより簡単に外せます。便器脱着についてはこちらのブログも参考に➡トイレつまりの直し方 便器脱着の手順  特に排水ソケット式であれば固定金具を外せば簡単に取り外しできます。

まず、止水栓を閉めてからタンク内の水を空にします。普通に流しても溢れないならレバーを開けて流しておきます。その後、タンクの給水管を外し、タンクを取り外してください。タンクも陶器ですので落としたりぶつけたりして破損させないように注意してください。便器の固定金具を外して動かします。

そうすると・・・






このような「排水ソケット」が見えます。この配管の中を覗くと・・・挟まっているのが見えます。ゴム手袋をして引き抜くことが出来ればラッキーです。結構奥の方で挟まっている場合は工具などで掻き出すように取り除いてみてください。

万一、取り出せないようでしたら配管まで押し出しましょう。ソケットを通り抜ければ汚水管に流れて行きますが、汚水管の口径はだいたい7.5㎝~8.0㎝(直径)です。大抵のものは下水へと流れてしまいます。戸建ての場合は1人が桝を開けて流れて来るもの捕らえるように2人がかりで「カップ」を回収することができるかと思います。

自分では技術的に「便器脱着」ができないと思われる方は、躊躇せずにプロの水道屋さんにお願いしましょう。その方が早く解消します。それなりの費用は仕方がありません。ではくれぐれも皆さまご注意くださいませ!