シャワーの水漏れの修理の方法について

シャワーから水が漏れていくる

毎日使うシャワーから水がポタポタ漏れてきて止まらないということが起きます。水漏れ箇所によって修理するところが何処になるのかが違ってきます。例えば、シャワーヘッドから水が漏れている場合、シャワーヘッドやシャワーホースが悪いと思っている方もいらっしゃいます。    しかしそもそも「水が止まらない」ということの原因はシャワー水栓本体の問題であることも分からない方が少なくありません。




シャワーから水が止まらない

2ハンドル型のシャワー水栓の場合は、ハンドルの内部のケレップが劣化しているケースがほとんどです。このパッキンの交換についてはこちらをご覧ください。(➡パッキン交換で水漏れを直してみましょう!サーモスタッド式のシャワー水栓の場合は切替ユニット(開閉ユニット)の故障がほとんどです。これはシャワーを出したり、カランから出したりさせるレバーの停止がきちんと止水できないことが問題となります。この開閉ユニットについてはこちらをどうぞ。(➡浴室シャワー水栓交換時期の症状とは?



シャワー水栓本体からの水漏れ

2ハンドルシャワー水栓の場合はバルブの付け根にあるパッキンが劣化していることが原因となっています。切替バルブから漏れてくる場合は、交換は難しいため本体交換が必要になります。    サーモスタット式シャワー水栓の切替レバーから水漏れしている場合は上記の「切替ユニット」の交換で直すことができます。ただし温度調節レバーの部分から水漏れしてきた場合は、本体交換が必要になります。

2ハンドル式もサーモ式も壁付の場合は、「クランク」部分から水漏れしてくるケースがあります。こちらも参照ください。(➡浴室の水栓の水漏れで取替か修理かを見分ける方法)クランクのパッキンのことを「偏心管パッキン」と呼びます。このパッキンが各メーカーによって「サイズ」が違います。サイズが違うと水漏れが止まりません。ホームセンターで購入される場合は2~3種類購入するか、現在使用しているシャワーのパッキンのサイズを測って確実なサイズを購入する方法もあります。

シャワーヘッドとシャワーホースの付け根からの水漏れの場合は、パッキン交換と言うよりもシャワーホース自体の経年劣化がほとんどですので、交換されることをお勧めします。交換はちょっとした道具でできます。ホームセンターにはどのメーカーにも対応できるアタッチメント入りが販売されていますので、それをご購入ください。

メーカー対応になるシャワーとは?

古い公営住宅などですとシャワーもバランス釜というお風呂専用の給湯器に併設されたものがあります。このタイプはガス給湯器の中にシャワーが組み込まれています。止水のツマミやスイッチなどがすべてバランス釜内部に内蔵されているため一般の水道屋さんでは修理や部品交換はほとんどできません。この場合は、設置したガス屋さんかメーカーに修理をいらしてください。

もう1つ難しいタイプとして埋め込み型シャワーの場合もメーカー対応になります。上記に取り上げたのような水栓金具が単体で取り付けられているシャワーとは違います。壁やユニットバスの棚に埋め込まれているシャワーのことです。非常に一体感のあるデザインではありますが、メンテンナンスには不向きです。




このタイプはユニットバスの型番によってシャワーの仕組みも違います。レバーやスイッチの動作も異なります。当然部品の交換もメーカーでなければ対応できません。取扱説明書をご確認ください。または浴室扉の上下のフレームにメーカーラベルが貼られているかと思います。そちらにご連絡ください。一般の水道業者を呼んでもほぼ対応不可になります。(この手の部品は卸していないため)

今回はシャワーの水漏れトラブルについて取り上げました。対応できるものと出来ないものを見極めて対処方法を適用していただければと思います。