隅付タンクの洗浄管から水漏れする

隅付タンクと洗浄管

洋式便器の中でも隅付タンク型の便器が今でも多く存在しています。ユニットバスのトイレはほとんどが洗浄管付きの洋式便器となっています。大抵がコーナーの壁に取り付けられています。  タンクの下からメッキの部分が「洗浄管」と呼ばれるものです。




ロータンク洗浄管から水漏れ

長年しようしているとこの洗浄管から水漏れが生じます。よくあるパターンはタンク側と便器側の「スパッド」と呼ばれる連結部からの水漏れです。洗浄管を差し込んであるところには専用のパッキンが入っています。このパッキンの劣化が主な原因です。

洗浄管には口径が2種類あります。32mm38mmです。この洗浄管と連結している部品は、先ほど挙げたスパッドのほかにタンク側に取り付けられているロータンク排水弁(サイフォン)があります。それで水漏れを修理したいのでパッキンだけを交換できるのか?というご質問があるかと思いますが、それに対しては年数や外観によりますが「NO」と言わざるを得ません。なぜでしょうか?

洗浄管が腐食していませんか?

以前のブログ記事に洗浄管と同じメッキ管を使っている洗面台下のトラップ配管の腐食について取り上げました。(こちらを参照洗面台水漏れの予防とは?パイプの劣化見落としてませんか? )このメッキの洗浄管も同じ銅製ですので経年によって腐食します。主に白い錆が付着してきます。この錆は「鉄の錆」と一緒で錆びた箇所は非常にもろくなっています。つまり亀裂や穴が開きやすくなっているのです。

パッキンだけを交換しようと外した際に洗浄管が破損する危険があります。

ではどうしたらいいのでしょうか?



水漏れを止める万能法

それは「シールテープ」です。

このシールテープは主に配管を組み合わせる際にネジ部分に巻く材料です。これが意外にも水漏れを止めるのに効果的です。洗浄管袋ナットを緩めて取り付けネジの部分に巻きます。あまり巻き過ぎないようにして再び袋ナットを締めてください。

この時、モーターレンチを使ってきつめに締めましょう。シールテープがいわばパッキンの働きをしてくれますので締め付けることで気密度が高まり、水漏れを防ぎます。巻き方は、ねじ込む先を右側としてネジ山に対して時計回りに巻いてください。ネジ山にしっかり密着するよう少し引っ張るように巻きます。逆に巻いてしまうと袋ナットを締める時、剥がれるようになります。向きを決して間違えないようご注意ください。




洗浄管に腐食や歪みがひどい場合は、交換しなければなりません。

交換部材については三栄水栓の部材を紹介します。洗浄管の長さによって違いがりますが、「H80-A」か「H81-A」(80=32mm・81=38mm)で定価で¥3,900(税別)と¥5,600(税別)になります。別のタイプは「H80-B」か「H81-B」で定価が¥4,400(税別)と¥5,600(税別)になります。違いは上部と下部の長さがそれぞれ長い方と短い方とが組み合わされている差です。

詳細はwww.san-ei.web.co.jpでお確かめください。