キッチン下の容器に水が溜まるのはなぜ?

キッチン下の水受け容器

ホース引き出し式のキッチン水栓の下に、ホースを収納する水受容器が設置されています。     そもそも何のために設置されているのでしょうか?




 

これはシャワーヘッド部からホースを伝って水が下に落ちるのを防ぐためのものです

この容器が無ければわずかな水の漏れもそのまま下の板材に浸透してしまいます。キッチン水栓の先端のシャワーヘッド部を引き出してみるとホースが引き出される部分に隙間が生まれています。その隙間から誤って水が侵入し下に漏れてしまう可能性があります。それを防ぐために「水受け容器」が設けられているのです。

普段使っていてもそうした水漏れはごく稀なことで本来は容器に水がほとんど溜まりません。しかし、気が付くと容器内に水が溜まってしまい、溢れてきて収納スペースが水浸しになってしまうことがあります。

ではなぜ水が溜まってしまうのでしょうか?

それは引き出し用のフレキホースから水漏れしている可能性があります。フレキホース自体に損傷が見られなくてもホース内部のチューブに穴や切れ目が生じている可能性があります。この現象は洗面台水栓にもよく起こります。こちらを参照ください➡洗面台の下から水漏れする原因 フレキホース





ホース引き出し式水栓の寿命

 

 

10年以上ご使用の場合に起きやすい故障です。それでこのタイプをご使用の方は、時折、容器内に水が溜まっていないか?点検する必要があります。大抵半透明になっていますので、目視でも水が溜まっているのかが確認できるようになっています。分かりづらいようでしたら指を差し込んでみて濡れないかどうかを調べてみてください。

これまでご依頼者のほとんどの方が、この症状に気付かず、そのまま使用し続けて容器から水が溢れ出てシンクの下の板材が水浸しなってしまってから驚く方も多くいます。漏れていた時間の経過が長ければ長いほど、つまり発見が遅れれば遅れる程、被害が大きくなります

早期発見・早期治療が何より

水漏れは「早期発見」「早期治療」が一番理想的です。被害が最小限で済みます。

気付くのが遅れると容器から水が溢れてしまいます。シンク下の収納板に水が浸透すると化粧板の表面が膨張してふやけます。その状態が続いていけば強度が保てなくなり腐食して崩れ始めます。板が水を吸った段ボールのようになってしまうのです。最悪のケースはマンションなどの集合住宅では階下漏水が起きてしまいます。下の階も間取りはほぼ同じですので、同じキッチンの天井から水が垂れてきて漏水に気付きます。こうなると自分の所だけの問題では無くなってしまいます。

本体交換がベスト

水漏れが起きるとまず考えることは「修理」してもらうことです。

以前にも取り上げましたが、現在のレバー式の混合水栓では「パッキン」は一切使っていません。現在普及しているシングルレバー混合水栓は簡単には直せなくなっているのです。この点を踏まえて改善を図るなら、本体交換が一番ベストな選択と言えるでしょう。つまり他の部品も消耗時期は変わりません。一箇所を直しても他の部品が駄目になる可能性があるからです。10年を超えると修理部品も少なくなります。寿命から考えるなら無駄な修理になってしまうのです。

本体交換は自分でもできますか?

本当に工具を使ってやってみたいと思われるなら交換作業はそれほど難しい事ではありません。  正しい手順で取り外し、取り付けを行えば問題ありません。

 

取り付け穴は規格でほぼ決まっています。32mm前後です。中にはこれよりも広い穴が使われていることがありますが、その場合は「水栓穴変換アダプター」を使って38mm~46mmまでの穴に対応できます。(三栄水栓;PR5360・PR5360Lいずれも定価¥2.600税別)

同じタイプの水栓金具ならどのメーカーのものでも取り付けが可能です。今ではシンク下に潜って下から工具で締め着けるというような作業が要りません。上から固定台座を取り付ければ、水栓本体をその台座に差し込むだけです。

給水・給湯の止水栓に接続金具をきちんと付けて抜けないように取り付けれれば完了です。

業者に依頼すれば、すべて問題無く工事してくれます。自分で作業するのが不安であればプロにお任せしましょう。ただし、出張料や作業料、水栓金具の本体代(恐らく定価販売)はある程度、高額になることを覚悟しなければなりません。プロにお任せすることのメリットは工事は完ぺきに行えます。また不備が生じてもアフターで補修して戴けます。(逃げる業者もいますのでご注意を)

最近では水栓ほとんどが「エコ水栓」になっています。





エコハンドルとは?

 

 

これまでのシングルレバーハンドルではお湯の混合範囲が広く、レバーを正面の位置にして水を出そうとしても湯水混合になってしまい、給湯器が作動してしまい無意識のうちに無駄なお湯が使われてしまっています。

この点を改善すべく「エコハンドル」ではお湯側にひねる際に「カチッ」という音と感触があります。その境目がはっきりしますのでお湯が使われることが分かります。つまり水を使う際に無駄にガス給湯器を作動させることがなくなるため、節ガス・節湯を行うことができ、省エネで経済的な効果を生み出すものとなっているそうです。

あるメーカーの調査では節ガス効果はキッチンの場合、これまでも約41%にもなり、年間約¥8,600も節約できるとうたっています。よくお湯を使う場所では有効なのかもしれませんね。

使い慣れるのが少し時間がかかりますが、慣れてしまえば問題ありません。

この機会に新品な水栓に交換しませんか?