シングルレバー混合水栓ワンホールタイプの選び方

キッチンの蛇口で最も多いワンホールタイプ

 






このワンホールタイプのシングルレバー混合水栓の普及率は徐々に高まっています。古い流し台をシステムキッチンにリフォームすると大抵はこの水栓になります。お湯と水がレバー1つで自在に出せる蛇口です。今ではその種類も増えて様々な機能や仕組みを持ったものが販売されています。

そろそろキッチンの蛇口の交換をご検討であればどれがいいのか?悩まれることかと思います。今回はその蛇口選びのポイントを取り上げたいと思います。

ポイント①

キッチンの水栓で何を一番望んでいるのかを見定めましょう。特にこれといったものが無いという方はノーマルなシングルレバー水栓で十分かと思われます。しかしシャワーが出るものとか・シンクの中を洗って流すのにホースが伸びるものとか・浄水器が内蔵されているものとか・いろいろあります。普段使っていてこんな機能があればいいなと思うものをセレクトすることができます。

ポイント②

水栓金具の値段。何と言っても先立つものは「お金」かもしれません。機能やデザイン性を重視するとどうしても値の張るものになってしまいます。いくらまで捻出できるのか?ある程度のものでも十分なのか?あらかじめ決めておくことができます。その価格帯から水栓金具を選ぶことができます。





ポイント③

購入先や取り付け方法を選ぶ。気に入ったレバー水栓を見つけましたら、どうやって入手するのか?考えます。業者を手配して交換してもらうのが一番楽ですが、その分かかる金額が大きくなります。もちろん希望の水栓をお願いするかもしれませんが、水道屋さんとしては面倒なので自分が取り扱っている商材から勧められてしまうかもしれません。

 

 

それならばまず気に入った水栓金具を自分で調達したほうがいいかもしれません。メーカーのショールームに見に行く時間があれば行けるかもしれませんが、時間が無い方はスマホやPCのネットから水栓金具を注文することができます。ネット販売の方がかなり安く購入できます。水栓だけ用意して取り付けだけを業者にお願いすることもできます。そうすれば工事費だけで収まります。

もう一つは、自分で交換してみるという手段です。

このブログでも交換方法については何度か取り上げています。(こちらも参照➡シングルレバー混合水栓の交換の注意点とは?)意外と簡単に交換できます。難しいポイントとしては水栓金具の固定の仕方です。主に水栓の裏に38mmくらいの6角ナットで固定されているものもあれば、上部水栓の下部にねじ止めして台座金具に固定させるものもあります。前者の場合は下からナットを外せば抜き取れます。





 

工具が入ればいいのですが、かなりシンクとの隙間が厳しい場合もあります。水道屋さんは「L型レンチ」という工具を持ってしますが、一般に方は持っていないと思います。ネット通販(○○ゾン)では工具も紹介されることがありますので金額が可能であれば一緒に購入されてもいいかと思います。それも難しい方は、下の給水・給湯の配管を外した上で、水栓本体をプライヤーなどで左右に動かすと下のナットが緩むこともあります。一度緩んだら手で回して取れます。

 

 

最近ではYouTubeなどで検索すると交換の仕方を解説しています。それらも活用して自分で試してみることもお勧めします。しかし、どうしても工具の問題や技術的に困難な場合は、いろいろ他を壊してしまう前に専門業者にお任せしましょう。