シングルレバー混合水栓の交換の注意点とは?

キッチンのシングルレバー混合水栓

大抵のシステムキッチンでは、シングルレバー混合水栓が取り付けられています。       10年を超えてくるあたりから水漏れや故障が起こります。交換を検討するにあたって自分でやってみようと思われる方もいらっしゃいます。どんな点に注意して作業に当たればいいのでしょうか?

シングルレバー混合水栓にも「ワンホール型」と「ツーホール型」があります。今ではほとんどが「ワンホール型」です。言葉の通り1つの穴に取り付ける水栓金具の事です。水栓金具は上の見える部分だけではなく下の配管も水栓の一部ですので、シンク下の配管から外して交換しなければなりません。どんな点に注意すればいいのでしょうか?

 

1、止水栓を閉める

 

 

シンク下に水栓の配管が見えますが、大抵床から給湯・給水配管があって止水栓が取り付けられています。まず、このバルブをしっかり閉めましょう。中にはハンドル式ではなくマイナスドライバーを使って開閉させるD式になっているものもあります。その場合はドライバーを使ってしましょう。

 

 

2、水栓用の接続金具を止水栓から外す

 

上の写真で言えば、止水栓のすぐ上に付いている金色の金具を取り外します。         ここで注意が必要です。配管側が固定されていなかったり、動いたりすると片方だけ外そうとすると配管側に負荷がかかり、配管が折れたり破損したりする場合があります。特に壁から出ている配管の場合は注意が必要です。壁の中で折れてしまうと補修も大変になります。必ず配管側も工具で固定させて外しましょう。

 

3、水栓金具の取付金具を外す

 

シンク下から覗いて見ると水栓を固定させている金具が見えます。大きな6角ナットだったり、小さな細長い6角ナットが付いていたりします。いずれも固くなっていることが多いので、KURE556などをスプレーして外すようにしてください。この金具を外す際には「ナット締付工具」が必要な場合もあります。水栓金具と流しシンクの隙間が狭い場合です。上の水栓を工具で左右に動かすとナットが緩むことがありますので試してもいいかと思います。

 

なかなか外れない場合は、諦めて水道屋さんにお願いしましょう。無理に外そうとするとシンク側に損害が生じる可能性があります。グラインダーなどで切断することも出来ますが、相当の腕がないと100%シンクが傷つきます。一度傷や穴が開いてしまったら取り返しが付きません。作業代はかかりますが仕方がありません。潔く業者にきちんと取り付けてもらいましょう。

 

水栓用の取り付け穴が大きい場合と裏板が腐食している場合

 

 

取り付け穴が32mm前後が普通ですが、これより穴が大きい場合があります。そうなると通常の取り付け方では付きません。その場合は「取り付け穴変換アダプター」という金具を使う事で取り付けられます。三栄水栓ではPR5360かPR5360‐L(いずれも定価¥2600税別)などが使えます。

また固定金具を付けようとしても、シンクの裏の板やコルク材が水の浸透によってボロボロになってしまっている場合があります。そのまま取り付けても安定性が保てません。その場合は「ワンホール混合栓取り付け補強板」というものが販売されています。それを取り付けましょう。木工がお好きなら1Cmくらいのベニヤ板を5~6Cm四方に切って、その中心に電動ドリルに38mm用の「ホルソー」を付けて穴を開けて、自分でこしらえることも出来ます。

 

交換作業を行う際には、ぜひ参考にして作業なさってみてください。手を傷つけないようにグローブや手袋を付けて安全に行っていください。