マンションや団地で漏水した場合の補償とは?

分譲マンションは床下の配管も所有者の財産

普段目にすることが無いのは床下の配管です。

分譲マンションは部屋内の区画部分だけではなく、床下の給水管や排水管もオーナーの持ち物となります。ですから配管の不具合で水漏れした場合はその部屋の持ち主が責任を取らなければなりません。

それでほとんど場合(分譲マンション)、加入する火災保険には「漏水による水漏れ補償」がセットになっている事が多いようです。(約款要確認)

火災保険が適用できるかも?どこまで?

大抵のマンション(または団地)は管理組合が代表して建物全体に「火災保険」をかけているケースもあります。また契約時にそれに該当する保険に加入させられて、請求されることも多々あります。保険の約款などを見るとそれには「建物」と「家財」という保険対象物が分かれています。

つまり、給排水設備の事故で漏水した場合に「建物」(天井の張替え・クロスの張替えなど)を補填するものと漏水によって「家財」(電化製品・衣類・布団など)に被害が生じた際に補填されるものに分かれます。それぞれ補償金額が変動しますので、この機会に自分の保険の補償額などを見直されることをお勧めします。

 

 

被害者かになるか加害者になるか

誰も床下の配管の状態までは把握できません。

マンションによっては点検口をいくつも設けて調査ができるようになっている場合もあります。配管の老朽化によって穴や亀裂が生じて水漏れすることは考えられることです。これは正直防ぎようがありません。起きてしまったらその都度対処するしかないのです。

しかし、漏水の原因は他にもあります。

例えば、台所やトイレが詰まってしまい、排水が流れず逆流してくる事故があります。または洗濯機のホースが外れていて水が流れ出てしまうこともあり得ます。また熱帯魚などの水槽の水が溢れたり割れたりして階下に漏水させることが起こり得ます。

このような場合は、当然ながらいずれもその部屋の所有者(オーナー)に責任があります。

 

 

つまり、加入している保険が加害者の場合被害者の場合のどちらになっているかを確認しなければなりません。自分が加害者であるなら、「個人賠償責任補償」の保険でなればなりません。いわゆる住まいの保険では被害者側の補償にはなりますが、加害者側の補償にはならないのです

それで、加害者になる可能性を考えた保険に加入しておくの賢明なことです。もちろん過失責任すべてが補償される保険であれば問題ありません。

しかし、意外な落とし穴があります。それは・・・

雨漏りは対象外

 

 

「雨漏り」による被害についての補償は、どの火災保険でも「補償対象外」になっているようです。

つまり、建物の老朽化が原因のため、修繕工事を事前に行っていれば防げるものだからです。  保険の意味は、「予期せぬ事故」が対象となるので、雨漏りは対象外となるのです。ただ保険の補償範囲は契約する保険で様々ですから、雨漏りも突風や竜巻などで屋根の一部が破損して、それが原因で水漏れしてきた場合は補償されることがあるようです。

 

漏水事故を予防する

いずれにせよ水漏れさせないことがベストです。

例えば、上に挙げた洗濯機の場合なにが起きるか分からないので蛇口を開けっ放しにしないことなど注意出来ます。(理由についてはこちらをご覧ください!洗濯機水栓を閉める)また、バケツの水をひっくり返したり、トイレやウォシュレットの水漏れなどを放置していたりすると漏水してしまうことがあり得ます。

台所の蛇口も周りに水漏れしていたりしませんか?

 

 

一度、蛇口や配管から水が漏れ始めると、放って置いて良くなることはありません!早急に修理や修繕の対処を行う方が賢明です。こちらも参照ください!➡蛇口の水漏れ放置は百害あって一利なし

 

 

 

できるだけ早いうちに修理または本体の交換をしてください!タオルを巻いたりテープを巻いたりしても意味は無いかと思います。水漏れは周囲の木製の部材を腐食させてしまいます。

流しの下の木材などは一度水を吸ってしまうと変色したり、表面が剥がれてきたりして1度そうなると元には戻りません。カビの発生などでも傷んでしまいます。

水漏れは適切に対処してリスクヘッジしておきましょう!

更新日:2020年1月18日