お風呂の排水の流れが悪い 何が原因?

お風呂の排水があふれてくる

お風呂の排水が悪くなると困ります。せっかくきれいに洗ったのに汚い排水が溜まってしまうととても不快に感じます。「排水溝を見るとゴミが見える訳でもないし、何が原因なのだろう?」と疑問に思いますよね?




排水溝はトラップ式になっています。以前のブログも参照ください。➡排水詰まり

つまりある程度分解して自分で掃除が出来るようになっています。よく詰まり始めると市販のパイプ洗浄剤を使う方もいますが、ほとんど意味がありません。まずは排水トラップを分解して髪の毛などの詰まりを取り除くことが賢明です。市販の薬剤は中途半端に表面を少しだけ溶かせるくらいです。

意外とゴミが詰まっているのに驚かれるかと思います。特に女性が多い世帯ではかなりの量の髪の毛が取り出せます。細かな網目でない以上、浴槽側からも洗い場からも髪の毛は排水溝に流れていきます。そのまま排水管まで流れずに排水トラップ内で絡まります。時折、小さなシャンプーのキャップやカミソリの刃のカバーなど流れやすい物も流れてしまいます。場合によっては配管の曲がりなどに詰まってしまうこともありますのでご注意ください。





排水管の詰まり

排水トラップのごみをきれいに除去できたとしても、まだ流れが良くない場合があります。

それは配管で詰まっていることが原因です!

配管での詰まりはなかなか一般の人では解消できません。やはり専門の水道屋さんにお願いしましょう。パイプクリーナーと呼ばれるワイヤーが販売されていますが、力の伝わり方が難しくただワイヤーを配管に差し込んでもうまく行きません。時間がかかった上に成果が得られず断念する方も多いようです。

電動トーラー機洗浄

以前のブログでの道具の紹介にもありますが「電動トーラー機」という機械があります。    こちらをどうぞ ➡電動トーラー機

今回も浴室排水詰まりで依頼を請けて作業しました。

 

浴槽のエプロンを外してトラップを取り除いてトーラー機のワイヤーを入れました。排水管は手前側にまっすぐ伸びて、途中で曲がっています。幾つかの曲がりがありましたが、この電動トーラー機ですと軽く押し出していけば難なく入っていきます。100Vの電動で回転しますので配管内の詰まりを取り除くことができます。

 





 

今回も5~6mあたりの配管の曲がり部分に髪の毛が引っ掛かっていたようでした。引き抜くとワイヤーに一杯絡まってきました。それを除去すると排水はきれいに流れていきました。時間にして10~20分で作業完了です。この作業でだいたい¥15,000前後(出張料込)になるかと思います。

その他に薬剤を投入したり、他の作業があればその分追加料金が加算されてしまうかもしれません。作業前に見積もりを取って確認してください。

以前のブログにも取り上げましたが、古い浴室ですと排水溝が鋳物で出来ているものがありますが、そうしたところではこの電動トーラー機は使用できません。腐食が激しく配管もかなりもろくなっていることが多いです。回転していくトーラーのワイヤーの力に負けて配管に穴が開いてしまったという事故も起きています。業者さんなら知っていることだと思いますので作業出来ずに引き上げてしまうこともあります。



ローポンプやラバーカップも意外と使えます

排水溝の形状によりますが、ラバーカップで直ってしまうケースもあります。そのためにはラバーカップがきちんと差し込めるところで無いと駄目です。トイレの詰まり抜きで取り上げた方法を活用します。使用方法についてはこちらを参考に・・・ ➡ラバーカップの使い方

上手く抜ければラッキーです!

排水がきれいに流れれば気持ちよく入浴タイムを楽しめます。

 

 

お風呂場は、汚れた体を清潔にする場所でもあります。その汚れが洗い流されてはじめてその意味が果たされます。汚い排水が溜まってしまえば身をきれいにするどころか逆に汚れていまいますね。定期的に排水溝のお掃除をしてきれいなお風呂場にしていきましょう。万一詰まってしまったらこのブログを参考にして対策をご検討ください。