洗濯機用の水栓の水漏れ修理の仕方

洗濯機の蛇口は常に負荷がかかる

毎日使うものの1つは洗濯機ではないでしょうか?え?3日に1回?1週間に1回?人それぞれですが、洗濯機の水栓は使用時に開閉していますか?それとも開けっ放しですか?以前のブログでも解説しましたが、洗濯機水栓は閉めるべきか?はこのブログを見てください。つまり開けたままですと、常に「水圧」という負荷が水栓金具にかかっている状態なのです。

特に洗濯機水栓で水漏れする原因の多くは、水圧を受けながらも水漏れを防いでくれている「パッキン」の劣化になります。洗濯機用の水栓にも今は専用水栓なるものが販売されています。ここで取り上げるのは単水栓の場合です。もちろんお湯をご使用になる混合水栓のところもあるかと思いますが、水しか出ない水栓のケースを取り上げます。

洗濯機用水栓の水漏れ箇所①

洗濯機水栓の水漏れで多く生じるのはハンドルの下の軸の辺りからの水漏れです。

ハンドルの下を見ますと正面から見て、三角形の袋ナットが取り付けられています。その袋ナットを取るとすぐ「水栓上部パッキン」(通称;三角パッキン)と呼ばれるゴム製のパッキンがあります。そのパッキンが劣化して水漏れが生じます。

このパッキンはホームセンターで簡単に手に入れることができます。よく見かけるのが三栄水栓の水栓上部パッキン(PP42A-1S-13;定価¥130税込)です。このパッキンの交換の仕方をご説明します。

まず、ハンドル上部に青い丸くギザギザになったところがあります。それをハンドルを固定しながらプライヤーなどで左回しで外してください。かなり固くなっているので力が要るかと思います。そのビスが取れたら、ハンドルを取ります。そうなるとスピンドル軸と袋ナットが見えますので袋ナットをモンキースパナなどで外します。そうするとこの上部パッキンが取れます。新しいものと交換しましょう。元に戻せばOKです。

 

注意していただきたいのは、この作業は断水せずに行えるものです。しかしバルブは閉めた状態で行ってください。開けたままですと水が噴き出してくるかと思います。

交換後、ハンドルを開け閉めして、水漏れが無いことを確認してください。万一これでも水漏れが起きる場合は、本体の劣化となります。単水栓の蛇口はご自分でも簡単に交換できます。そのやり方についてはまた改めてブログに取り上げたいと思います。

洗濯機水栓の水漏れ箇所②

もう一つ、水漏れがしやすいのは、水栓の首の付け根かもしれません。ノズルとかニップルと呼ばれる部分の付け根です。実はここにも特殊なパッキンが入っています。それが「パイプパッキン」です。Uパッキンとも呼ばれます。パッキンの断面がU字になっています。これもホームセンターで簡単に購入できます。三栄水栓のパイプパッキンセット(PP43A-1S-16;定価¥184税込)です。

交換の仕方は、至って簡単。

水を止めたままにしてパイプの部分をスパナで外します。パイプを抜くと、パイプにくっ付いてくるか、水栓側に残っていることがあります。そのパッキンを抜き取ってください。新しいパッキンを入れる際には、溝のある方を奥に向けて差し込んでください。パイプの方にその向きで入れておいてパイプごと差し込むこともできます。

 

白いプラスチックの割れた部品はパッキンを抑えるためのものですからきちんとはめます。パイプにくぼみが予めできていますので、そこにはめ込みます。パッキンを入れて元に戻せば完了です。あとは、ハンドルを回してみて水漏れがしないか、確認してください。

洗濯機ホースや給水元口の設置は洗濯機を購入した際に、取り付けてくれたり(無料)、ニップルを交換してくれます。(有料)その辺りの水漏れについては購入店にご相談ください。面倒でしたら水道屋さんを呼んで見てもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です