洗面台水栓の水漏れ ホース式の交換

洗面台水栓の水漏れ

洗面台の水栓もいろいろありますが、最近よく見かけるのは「ホース引き出し式」の水栓です。主に洗髪用として売り出されています。このホース引き出し式の水栓も大きく分けて2種類あります。1つは、レバーと吐水口部が分かれているツーホールタイプ。もう1つが、レバーも一体になっているワンホールタイプです。今回は後者のワンホールタイプを取り上げます。





一見、ホースが引き出せないように見えますが、吐水口の先端部分が引き出せます。大抵、引き出せる長さは30Cmくらいです。以前にブログでは洗面台専用のデザイン水栓について取り上げました。こちらもご覧ください。デザイン水栓とは?

やはり、弱点となるのはホースの部分です。

ホースはひじょうに便器な反面、ホースの劣化が生じます。10年を超え始めるとホースから水漏れが起きてしまいます。この場合、部品で修理するという考えが浮かびますが、水栓金具の寿命というものを考慮すれば本体交換が最善です。交換となれば業者に依頼してかなりの金額になるのでは?と心配されるかもしれません。確かに水道業者は商品販売が主な利益を生み出す方法ですので水栓金具も定価販売が通例です。

その点、ネット販売の価格はすごく安いです!






中には定価の半値以下というものもあります。自分で購入して取付できないだろうか?とお考えの方もおられることと思われますので、このブログではこの水栓金具の交換の仕方を解説したいと思います。参考になれば幸いです。

交換の仕方

洗面台下の扉を開けると、配管が見えます。手前のあるのは排水トラップの配管ですが、水栓の配管は一番奥にあります。大抵、左側が給湯管右側が給水管です。途中にバルブが取り付けられているかと思います。まずその止水栓のバルブを閉めましょう

ハンドルが付いていない場合は「D式」と言ってマイナスドライバーで閉めることができます。固くなっている場合もありますので、なかなか回らない場合は、水道メーターのところにある元栓をしっかり締めてください。水が止まったかどうかを確認してから連結部分を外しましょう。

 

止水栓を閉めたら、そのすぐ上に付いている金色の金具(6角ナット式)をモンキーレンチなどで外してください。この時下の止水栓が一緒に回らないように、もう1つのレンチで下を押さえて外しましょう。クリップ止めしてありますので、それも外しましょう。それが終わったら本体部分を外します。洗面台下にもぐって水栓したにある止め金具を外してください。

プライヤーなどの工具で左回しで緩みます。

ホースの配管からソケット(カプラー)を抜いてください。ここを抜くと配管の水が噴き出して来ますので雑巾やタオルを準備しておいてください。この止め金具を外すと本体を上から抜き取ることが出来ます。



今度は新しい水栓金具を洗面台の穴に差し込みますが、その前に長年の汚れが穴の周りに付いていますので掃除しておくと良いかと思います。新しい水栓を差し込んで、固定金具を取り付けてください。次に止水栓に水栓専用の差し込み金具を取り付けてください。お湯と水と2箇所です。その後に左側の配管をお湯に、右側の配管を水に差し込んでクリップ止めしましょう。ワンタッチ式の場合は差し込んで「カチン」と音がすればOKです。

引き出しホースも水栓金具のホース用の配管に差し込んでください。カプラー式なのではめ込んでカチンという音がするようにはめ込みます。差し込みが甘いと実際に水を出した時に外れて、水浸しになりますので、十分に取り付けには注意を払ってください。それが終われば完成です。

新しい水栓金具が設置出来ました!ピカピカで気持ちがいいですよね?

きれいになれば洗面台を使う時、なんかウキウキしちゃいますよね。洗面台の水栓が水漏れしているなら、ぜひこの機会に洗面台の水栓を新しくリノベーションしちゃいましょう!DIYで自分で交換をお考えの皆様のお力になれればと思います。

初めは、戸惑うことも手間がかかることもあります。せっかく交換できたのに接続部分から水漏れしてきてしまうこともあるかもしれません。しかし、慌てずにもう一度手順通りに取り付けをなさってみてください。どんな業者の人も最初は同じミスを経験しています。またどれだけ技術があっても水漏れは起きることもあります。あきらめずに取り組みましょう!

どうしてもだめなら水道屋さんにお願いしましょう。この段階で頼めればそれほど手間賃はかからないかと思われます。まずはご自分で試してみてください!