配管工事を簡単に行える部材 HI-LA(ハイエルエー)ソケット

突然起きる配管の水漏れ





 

特に古い住宅ですと配管が鋼管(鉄管)の場合も少なくありません。塩ビ管と違って簡単に接着剤で付け直すという訳にはいきません。主な原因には鋼管に付き物の「腐食」が挙げられます。最近では錆びない配管材として「ステンレス管」が主流ですが、数十年前ですとまだ鋼管が使われています。

以前のブログでも配管の漏水のしやすいポイントについて取り上げました。(こちらも参照➡配管の水漏れが起きる原因とは?補修の方法)いずれにしても鋼管の場合は工事が大変で大掛かりになってしまうこともあります。もっと簡単に修繕できる方法はないのでしょうか?

配管万能ソケット

漏れている配管の場所にもよりますが、露出できる配管の場合工具さえあれば簡単に補修できる部材があります。それが「HI-LAソケット」です。

 

 

例えば鉄管の途中でピンホールやねじ込みで水漏れしていた場合、その配管の手前で切断します。その後、このソケットを差し込んで締めます。両側ソケットですのでもう一方の側に新しい配管材を差し込んで接続することが可能です。





 

台所の下やユニットバスのデッキ式のシャワー水栓の下の配管が腐食して水漏れしたり、水栓本体が老朽化して交換を必要とした場合、鉄管が直付けされていると修理や交換がスムーズに行えません。そこで既存の配管を切断し、このソケットで繋げば簡単に配管を変更できます。

取り付け方に注意

HI-LAソケット」にはエルボ型や片側ソケットタイプなどいろいろあります。故障個所に応じて選ぶことができます。ただDIY素人の方が取り付けされる場合は取り付け方に注意が必要です。なぜか?

 

 

ご存じだと思いますが、これは給水配管の補修部材です。取り付け方が甘いと水が吹き出ます。少なくとも大きめのモンキーレンチと300くらいのパイプレンチが必要です。原理としては差し込み式で強力な差し込みパッキンを鋼材のナットで締めて固定させるからです。

水道管には2.0~3.0MPa前後の水圧がかかっています。その勢いをしっかり受け止められるようにきちんと取り付けなければなりません。工具でしっかり締められない場所や狭い空間では取り付けは厳しいかもしれません。しっかり配管を差し込んでしっかりナットを締めることが重要です。





限界はあります

 

 

既存の鋼管の配管がかなり腐食している場合や配管が変形しているような場合はこのソケットがきちんとはまらない可能性があります。さらに配管の腐食が次にひどい部分に負荷が移動しますので1ヶ所直しても次にまた別の箇所から水漏れしてくるということも考えられます。

*水道修理専門の方以外の場合でこの情報から取り付けや補修を行って水漏れやその他の事故が発生した場合の責任は当サイトでは負いかねますので、すべて自己責任でお願い致します。