お風呂のリフォームをする前に知っておくべきこと

お風呂をユニットバスにリフォームする

そろそろ浴室が古くなってきたのでリフォームを検討したい、とお考えの方ですか?

特に戸建てでタイル張りのお風呂場をユニットバスにリフォームする場合に知っておくといい点があります。ユニットバスとは簡単に言うと6面パネルを組み立てて浴室を作ります。今の浴室のスペースと同じ幅で組み立てることは出来ません。つまりパネルを組み立てるために外側壁面にスペースを取らなければならないからです。他にも給水・給湯の配管も取り回して来なければなりません。そのため今の浴室の壁から約10Cmほど内側に浴室パネルが付きます。

つまり、現状よりもお風呂場のスペースが狭くなるという事です。

もし既にお風呂場のスペースが狭く感じておられるなら、ユニットバスにすることでさらに狭くなることは知っておく必要があります。良心的なリフォーム屋さんでない限りあまりデメリットとなるようなことは言いません。窓の位置や梁の位置によってはさらに調整しなければならなくなります。マンションの場合はほぼ既にユニットバスなので狭さは変わらないかと思います。

取り付け工事のしやすさの問題

お風呂場の間取りにもよりますが、大抵は玄関から入って奥の方にあるものです。脱衣所の周りに仕切りが多くありますか?お風呂場までのスペースがどれくらいありますか?ユニットバスのパネルの大きさにもよりますが、運び入れるスペースが無い場合は浴室周辺の構造を改築しなければならなくなります。つまりパネルが入らなければ組み立てられないという事です。

 

 

そのため意外にリフォームの範囲が予想より大規模になってしまう場合もあります。ユニットバスだけの入れ替え工事で見積もりを取っていても間仕切りや建具を外したり補修する工事費も加算されていきます。そのため予想よりも予算的に高くなるケースが起こり得ます。

 

ユニットバスの種類の選択について

各メーカーは機能性のみならず、デザイン性にも重点を置いているため他社にない独自性を出そうと必死です。そこで水道屋からみてメンテナンスし易さから判断するとある特定のユニットバスの弱点が見えてきました。それは・・・

シャワーとユニットバスの一体型です。

つまり、シャワー水栓がユニットバスに組み込まれているタイプです。このタイプは見た目は一体感があり、スマートでおしゃれなものですが、10年ほど使用していけば水栓の劣化が始まります。しかし、このような一体型のシャワー水栓の場合は本体交換はおろか部品の修理もままなりません。常にデザインや品番はモデルチェンジされていき、当時のユニットバスの部品もすでに生産終了となっており在庫のみとなってしまっています。つまり故障した時のメンテナンスが非常にやりずらいことになります。ほとんどがメーカー対応になります。

この点では、シャワー水栓は必ず独立していた方が便利です。水栓金具の方が部品の在庫も充実していますし、仮に本体を交換しようと思えばいつでも簡単に出来てしまいます。一体型の水栓の場合は全く同じものでなければ直りません。価格にそれほどの違いはないかと思われますので、メンテナンスのしやすさの点も考慮に入れておくと良いかと思います。

見積もりが破格な業者には注意が必要です。

この業界でも工事店の人工や材料費の仕入などはほぼ同じです。それなのに他社よりも極端に安くできると豪語する業者は危険を孕んでいます。つまり売りっぱなし戦略かもしれません。売った後は何があっても知らぬ存ぜぬを決め込む業者です。安い工事であれば下請けに卸すお金もかなり安くされています。当然工事が雑になり、材料もケチります。結果として工事不良が生まれるのも理解し難い事ではありませんね。

それで見積もりを取って大体の相場やアフターサービスの良し悪しを、厳正に見極めて、納得のいく業者を選ばれる事をお薦め致します。

最後までお読みくださりありがとうございました!