TOTO製タンクの修理の仕方 ダイヤフラム交換

タンクに水が溜まらない

TOTO製のトイレでレバー引いても手洗い管から水が出ない?・タンクに水が溜まらない?というトラブルが起きています。突然に起きるので何が原因なのか?不思議に思うかもしれません。




特に生じやすいTOTO製タンクの品番は・・・

 

SH30BA・SH32BA・SH90BA・SH91BA・SH92BA・SH93BA・SH370BA・SH380BA・SH670BA・SH671BA・SH480BA…他多数あります。

詳しくはTOTOの「TOTO:COMET(コメット)」で検索してみてください。またはこちらのリンクをご覧ください➡TOTO:COM-ET(検索窓に型番を打ち込んで検索してください。詳細情報が閲覧できますよ。)

 

 

 

 

タンクの蓋を開けるとこのような内容器になっています。

 

このような特殊なボールタップがあります。左下の丸いカップが浮きの役割をします。レバーを動かしてフロートバルブが開くと、タンクの水が便器内に一気に流れ出します。浮きが下がって注水が始まります。大体の水が流れ出るとフロートバルブが閉じて水が溜まり始めます。タンク内の水位が徐々に上がって浮きカップが持ち上がり定位置で注水が止まります。

問題はボールタップの中の「ダイヤフラム」という部品です。

いわゆる水を出したり止めたりするになっています。ここが故障すると水が出なくなります。特にゴム製のパーツなため数年で消耗が起きてしまうようです。実はこの部品の交換は簡単にできます。しかも、部品代も安いものとなっています。ネット販売でも十分手に入ります。

TOTO部品で「TH405S」という品番です。

定価¥713(消費税率8%の場合)ですが、ネット販売だと20~25%引きになっているかと思います。

 

 

この部品の向きはこのようになります。下の方にツメが出ていますので、そのくぼみに合わせて取替られます。

 





 

交換の仕方について解説します

まずは、止水栓を閉めます。トイレ横の止水栓のバルブを閉めましょう。なかなか固くて回らない?と言う方は元栓(メーターバルブ)を閉めましょう。締めている間は家中の水道が止まりますので同居されている方にあらかじめお伝えください。

次に、タンク蓋を開けて内蓋も開けます。浮きカップのシャフトを根元の部分から外します。これも指で詰めを外せます。丸いナットを回して外してください。そうすると「ダイヤフラム」が取り出せます。新しいダイヤフラムを交換して、最初の手順の逆で戻してください。部品の素材がすべて樹脂製ですので扱い方には注意してください。爪をおったり割れたりしたら、元に戻せなくなりますので逆に高く付きます。

この症状が起きるのが8年~9年目に集中しています。この部品の限界点なのかもしれませんね。自分で修理できれば費用が浮きます。この部品の交換は意外に簡単にできるものです。お試しあれ。



ダイヤフラム交換でも水漏れが止まらない場合

 

 

中には、このダイヤフラムを交換したのにまだ水漏れが続いてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。現にそういった現象がありました。この場合は浮き用のカップに問題があることもあるようです。しかし、このパーツは交換部品では無いようですので単品でもお直しは困難かと思われます。

ではどうすればいいのでしょうか?・・・

ボールタップ本体を交換することです。この部品の型番は「HH06005Z」で定価¥7.350(税別)となります。止水栓につなぐフレキホースまでが部品になります。ただしこのボールタップを取り替えるにはちょっとしたコツが必要になります。右45度回転して引き抜く方法です。

樹脂の形状が経年によって変形していることが多く、簡単に引き抜けるのは稀でした。大抵は力業で引き抜いたりどうしても抜けない場合は、タンクを外して内容器を出して外したこともありました。これは結構知識の無い方はやめておいた方がよろしいかと思います。

自分で簡単に直せる部品もたくさんあります。この機会にDIYで自分でメンテナンスすることに目覚めてみてはいかがでしょうか?このブログはそうした方に役立つ情報を取り上げています。どうぞご活用ください!