洗面台編」カテゴリーアーカイブ

洗面台での水のトラブルを取り上げます。

洗面台の排水が悪い時の解消法

洗面台の排水が溜まり始める

洗面台の排水が流れずに徐々に溜まり始めてはいませんか?

排水管で詰まりが生じると、とたんに流れが悪くなります。洗面台は毎日使う大切なところですので排水が詰まると大変困ります。もちろん経年により汚れが蓄積して詰まることもあれば、何を流してしまって詰まらせることもあります。




 

特に厄介なものは「物を落として記憶がない」という場合です。

排水管に流れるのは物によっては一瞬です。視線を反らせた瞬間に排水口に吸い込まれていきます。無くなっても分からないものであればあるほど記憶がありません。しかし、現実には落ちていて確実に排水の流れを悪くしていくのです。

やっても意味のあまりないこと

 

それは「洗浄剤」を使うことです。

市販されているパイプ洗浄剤は比較的弱くあまり効果が見込めませんし、物落としの場合には何のメリットもありません。固形物は薬剤で溶けることはありません。強力な薬品ですと配管自体を破損させてしまいます。その関係で一般的な薬剤は極めて希釈されたものになっているのです。

ラバーカップ」は一定の効果が見込めます。しかし、上記の写真のような排水口や排水栓が取り外せないタイプのものですと専門家でないとうまく処理できません。では一番効果的な方法とはなんでしょうか?




それは・・・

トラップを外して掃除すること

 

 

落下物は大抵このトラップ配管に残っています。樹脂製のナットを外してください。簡単に取り外しができます。ただ中に水が溜まっていますので雑巾やトレイなどを下に置いておくとびしょびしょにならずに済みます。素手が嫌な方はビニール手袋などを装着して作業なさってください。

 

 

このU字の配管に落下物があります。写真では綿棒のようなものが落ちています。こうした物が排水を悪くさせてしまいます。他にもありがちな物は、剃刀のカバーやヘアピン、糸ようじ等です。普段無くしてもそれほど気にならないものです。気が付かないうちに流れ込んでしまうのです。

U字管の底にキャップが付いている場合は、外さなくても掃除ができる場合もありますが、上記のような物は配管のカーブの部分に挟まってしまっているため、一度配管を外さないと取り出しは困難かと思われます。

掃除が終わったら元に戻しますが、きちんと取り付けないと水漏れしてしまいます。ナットの部分に差し込み式のパッキンが入っています。そうしたパッキンを正しい向きで取り付けます。樹脂製のナットは手締め用ですので、くれぐれも工具などでグイグイ締め付けるようなことはNGです。

 

 

最後に排水のテストを行います。

水を流して通常に流れるかを確認してください。きれいに流れるようになったら解消です。配管の水漏れが無いかもチェックしましょう。特にナットの下などから水が漏れていませんか?漏れてくるならナットをもう少し強く締めてください。

もし、これでも排水の流れが悪い場合は、床下の排水管に問題があるかもしれません。これは専門業者でないと解消は難しいかと思われます。水道業者を手配してください。



この方法ができない場合があります

それはメッキタイプの排水トラップです。

 

つまり樹脂製では金属製の排水トラップの場合は、配管をいじるのは危険です。特に老朽化している配管は腐食も進んでいるため、ナットなどが固着していることがほとんどです。無理に工具などで外そうとすると配管が破損する可能性があります。

メッキ管の場合は掃除はあきらめましょう。詰まりがひどい場合は、この際に樹脂製の排水管に交換してもよろしいかと思います。ぜひご検討ください。