トイレの溜まり水が少なくなっていませんか?

トイレの便器内の溜まっている水が減っている?

トイレの便器内にいつも溜まっている水の量がいつもより少ない?なんかおかしい?と思われたことはございませんか?

中には時々流れが悪くなってトイレットペーパーなどが残ってしまうという現象も起きているかもしれません。しかし完全に詰まっていれば一切流れることはありませんが、この度はきれいに流れることがほとんどです。

 

 

一体なぜ溜まり水(水たまり)が減ってしまうのでしょうか?

何かの前兆なのでしょうか?・・・はっきり言えることはこれは正常な状態ではありません。

そもそも便器内になぜ水たまりが必要なのでしょうか?

便器内に溜まった水を保つことで下水管とトイレ内を遮断することが目的です。つまり下水臭や虫などが発生しないようになっています。また便器内に汚物が付着しにくくなるという役割もあります。

この溜まり水の量が便器の種類によって違うのはどうしてなのでしょうか?

 

 

トイレの便器にも幾つか種類が分けられています。「洗い落とし式」や「サイフォン式」「自動電磁弁式」など様々です。この中で溜まり水が多いの「サイフォン式」になります。この便器の違いが排水路とは別に小さな穴があることです。

この溜まり水は便器の形状、つまり排水路の「」(せき)によって決まります。平たく広い場合は多く狭い場合は少なくなっています。

減ってしまう原因とは?

これは俗に言う「サイフォン現象」です。

簡単に言えば便器以外の場所で排水が流れにくくなっている場合に起きる現象と言えます。つまり配管や汚水桝の何処かで排水が滞っているために起きることがほとんどです。

事象の原理を解説すると

排水管の中はいわゆる密閉状態になります。便器から一定量の排水が流れていくと配管の中に負圧が生じます。水と配管内の空気も押し出されて行きます。その際に配管や中継桝などで堆積物があり閉塞していると排水量によって吸引力が発生してしまうのです。

 

 

例えるなら新幹線がホームの通過時に生じる現象といえば分かりやすいかもしれません。ホームで「線の内側にお下がりください♪」とアナウンスされることがありますが、何故なら列車に近づくと負圧によって真空状態が発生し人の体が吸い込まれてしまいます。こうした人身事故を防ぐ意味があります。

この現象が排水管内に起きてしまい、溜まり水を吸い込んでしまうものと思われます。

溜まり水が減っている場合

配管や桝で異常が起きている前兆と判断できます。高層マンションなどの場合は屋上に設置されている通気管が目詰まりを起こしていたり閉塞していたりしても起きてしまいます。戸建ての場合やアパートなどでも同様の現象があればまず屋外にある汚水桝を点検してみましょう。

 

 

桝内に汚物などが堆積しているなら清掃を行ってください。近くに水道などがあればホースを伸ばして汚水桝を掃除してください。汚物が飛び散ったりしますので汚れもいいような服装とメガネやマスクも装着してください。

自分では難しいようでしたら水道業者を手配しましょう。「高圧洗浄機」で桝や配管を洗浄してもらいましょう。水道屋さんなら常備していると思いますのでその方が早くて楽です。ただし費用はある程度覚悟していただく必要がありますね。配管・桝の詰まりは高圧洗浄機です!

 

溜まり水が減っている場合の使用時の注意

 

 

今のところ普通に使えている場合でもいずれ全詰まりが起きます。つまり全く流れなくなる時が到来します。その時までは使用を控えることが賢明ですが、人間の生理現象を止めるわけにはいきません。ただしトイレットペーパーなどは極力少なめにご使用ください。

アパートや戸建ての場合は確認できるようであれば汚水桝がどこにあるか探してみましょう。丸いコンクリートの蓋や鉄の蓋など該当していると思われる桝の蓋を開けてみましょう。蓋を開けるにはプライヤーかペンチなどの工具が必要かと思います。

 

 

中には丸い桝がしっかり嵌っていて動かない場合もあります。その際はハンマーなどで蓋の淵辺りを数カ所叩いてみてください。特にコンクリートの蓋の場合は砕けてしまう危険があるので力を加減して注意して行ってみてください。

蓋が開けば原因は一目瞭然です。

詰まりがはっきり分かります。賃貸物件の場合は管理会社や不動産屋に連絡して対応してもらいましょう。その際はコチラをご覧ください。賃貸住宅の水漏れや詰まりは誰が負担するの?

いつも違う現象が起きるのは何かの異常が起きている証拠です。是非参考にしていただければ幸いです!