エコキュートのお湯が出ないのは何が原因なの?

エコキュートの給湯

エコキュートをご使用のご家庭も多いかと思います。今や様々なメーカーから販売されています。何といっても最大のメリットは電気やガスといったエネルギーの節約です。ヒートポンプを使った給湯システムです。仕組みについてはこちらを参照ください!➡エコキュートとは?そのメリット・デメリットとは?




しかし、長年使用していきますと不具合も生じてきます。

その1つが「お湯が出ない」というトラブルです。この原因については大きく2つに分けて考えましょう。1つはエコキュート側の問題ともう1つはそれ以外の問題です。ではまず最初の点を取り上げましょう。

エコキュート側のトラブル

お湯が出なくなる原因もいろいろあります。まず大前提となるのはお湯の使い過ぎによる残湯量湯切れです。リモコンに必ず現状の残湯量が表示されています。そのメモリがほとんど無いことになっていませんか?エコキュートは深夜電力を使い夜間にお湯を作り貯湯しています。その貯湯量を上回る使い方をしてしまうとお湯が枯渇します。

 

 

リモコンには沸き上げボタンがあると思いますが、万一残湯量が「0」になってしまいお湯を作り出しますが、貯湯タンクに満タンになるのに6時間ほどかかります。ここがガス給湯器などと大きく違ってくるところです。つまりお湯が際限なく使える訳ではないのです。





 

更にこの残湯量が使っていないのに減っていてお湯が使えなくなるという事例もあります。これには給湯管や貯湯タンク周辺の配管で水漏れしている可能性があります。大概は屋外に設置していあるので雨の日などがあればエコキュート本体の周辺が濡れていても違和感がないかもしれません。しかし、常に湿っているとか水の漏れる跡が残っている場合はどこかで水漏れしていると考えてもいいと思います。

 

 

この場合はメーカーに連絡して点検していただきましょう。調整弁などが故障して水が漏れだしているかもしれません。もし本体側に問題が無いという結果であれば給湯配管のどこかで水漏れしていることになりますので、早急に配管補修の手配をなさってください。

稀に残湯量は十分なのに「お湯が出ない」という症状もあり得ます。この場合は「温度調節基板」の故障またはサーミスタ(温度探知器)の故障が考えられます。つまり温度の調節を行っている基板が劣化しているとか室外機のコンプレッサーに取り付けられている温度検知器が故障してヒートポンプの集熱動作がストップしている可能性もあり得ます。この場合はメーカーや施工業者に連絡して修理をお願いしましょう。





エコキュート本体以外の原因

エコキュート以外の原因でも当然お湯が出なくなります。

主な原因は「蛇口の故障」です。

 

特に浴室では「サーモスタット式シャワー水栓」をご使用かと思います。この場合、水栓側に温度調節機能が付いています。「エレメント」とも呼ばれていますが、この温度調節弁が壊れるとお湯が出なくなってしまいます。この故障の確かめ方は、洗面台やキッチンでは通常にお湯が出ているかどうかです。

他の蛇口からお湯がきちんと出てくれば、浴室のシャワー水栓の故障が判明します。これは洗面台やキッチンの水栓個々にも当てはまります。つまり1か所だけお湯が出ないとなれば蛇口の故障をにらむ方が確かです。水栓金具の寿命は10~12年と言われていますのでそれ以上でしたら交換時期と言えますね。

以上の点を考慮して「お湯が出ない」という事態に慌てずに判断して対処していただければと思います。