お風呂の排水溝が臭う原因は鋳物トラップの腐食かも?

古い鋳物のトラップ





古い戸建て住宅や公団住宅に多くあるのは「鋳物トラップ」です。つまり鉄製の排水溝トラップが使われています。鉄製は錆びることが必然です。トラップ構造とは水をあえて溜めて「ワン」を置いて溢れる排水が配管から流れる仕組みになっています。それによって臭気を抑えることが可能になっています。






この仕組みはトラップが生きてこそのものです。

腐食でトラップが破損してしまうと意味がありません。どうやって確認できるのでしょうか?まず目皿を取り外してください。回して取れるようになっています。その下に鉄製の「ワン」があるかもしれません。その「ワン」を上に引き上げましょう。

「ワン」の周囲にも錆が生じていることがほとんどです。この錆はドライバーなどで削り落とすことができます。問題なのはトラップ側です。その中には必ず水が溜まっているはずです。その水が無い場合、どこかに穴が開いている可能性があります。

つまり水が張れずにすぐに抜けてしまう状態です。

これですと排水管の臭いがもろに上がってきてしまいます。どうすればいいのか?

排水トラップ管の交換工事が必要です。

これは意外に手間がかかります。例えばタイル床になっていると排水溝周辺を壊して既存のものを撤去しなければなりません。周囲のコンクリートなどを掘削するにはそれなりの道具や技術が要ります。また床下の配管につなげる工事や配管が鉄管の場合はさらに配管の引き直し工事も必要になってきます。





この機会にユニットバスに入れ替える

この排水溝のトラブルは修繕のための工事が大規模になりがちです。まずはこちらを参照ください!➡お風呂のリフォームをする前に知っておくべきこと そうなれば浴室全体のリフォームを考えてもいいかもしれません。ユニットバスの方がタイルなどより使い勝手がよくなります。排水溝トラップも便利なものになっています。お手入れも簡単になります。

大抵は樹脂製になります。長持ちしますし、腐食しません。カビや汚れにも強くなっています。

この機会にぜひご検討ください。