洗濯機排水口トラップにエルボが付いていますか?

洗濯機排水口の部品

洗濯機を設置するときに意外に問題になることとして接続用の部品が無くなっているという点があります。特に多いのが洗濯機パンを持たない洗濯機排水トラップの接続用のパーツです。

 

 

洗濯機を買い替えたり、引っ越ししたりすると必要な部品を誤って処分したり持ち帰ってしまうことが起きます。洗濯機置き場には大抵「洗濯機パン」(こちらも参照➡防水パンは洗濯機に合ったものにしてますか?)が置いてあり洗濯機をその中に置いて使用します。

 

 

この洗濯機パンはいわば大きなトレイのような働きがあり、排水が洗濯機から漏れたりしてもパン中で受け止められます。つまり他に漏れないような働きをしているのです。

その中で最も紛失しやすものは?

洗濯機用排水エルボ」です。

この「洗濯機用排水エルボとは、排水ホースを差し込むためのL字になったパーツの事です。この排水エルボは形は同じように見えますが、微妙にメーカーによってサイズや口径が異なります。

 

 

この洗濯機用排水エルボに排水ホースを差し込んで結束バンドで固定します。これで洗濯機排水がエルボを通して下の排水トラップに流れて行けるのです。きちんと固定できることにも意味があります。

洗濯機を脱水させた時、洗濯槽内の洗濯排水が一気に何十リットルもホースから流れ出ていきます。これはかなりの水圧がかかり、固定されていないと簡単に抜けてしまう場合があります。

 

 

よくあるトラブルとは?

このエルボを洗濯機を運ぶ際に排水ホースの部品と間違えて持ち帰ってしまう事です。

これが意外に厄介な事態を生じさせます。例えば、家電量販店で洗濯機を購入され設置工事も依頼されるかサービスで行ってくれるところもあるかと思います。

このエルボが無いと・・・実は

納品日になって洗濯機屋さんが設置にきたところ、排水ホースを繋げる排水エルボが無いと「設置不良扱いとなります。」場合によってはそのまま引き上げてしまうこともあります。意外に見落としがちなので、必ず確認しましょう。

 

洗濯機エルボメーカーや型番によって形状や口径などが微妙に違ってきます

ホームセンターや市販の部品もありますがぴったり合ったパーツではないかもしれません。そうなると固定化ができないため、やはり外れやすくなります。是非洗濯機を入れ替え時の際、またはお引越しの際には、このパーツを持って行かなようにしてください!

もし引っ越し先でこのパーツが無かったら?

 

 

大家さんか不動産屋、管理会社に言って用意してもらいましょう。時折ホースを丸い穴に直接差し込んでいる場合がありますがその状態は正常ではありません。ホースが折れてうまく排水出来なくなるかもしれませんし、抜けやすくなったしまうかもしれません。必ず「洗濯機排水エルボ」を取り付けてください。

次に注意していただきたいのが・・・

洗濯機給水元口」です。

 

 

洗濯機の蛇口の先に取り付ける「給水元口」と呼ばれるネジが4方向に付いているパーツがあります。これは洗濯機専用水栓で無くてもこの部品を付ければ接続が可能になるものです。実はこれは洗濯機を購入すると付属品として付いてくるものなのです。

お引越しの際に、このパーツを置いて行ってしまうケースが多いです。もし引っ越し先が洗濯機専用のワンタッチ式水栓で無かったらこのパーツが無いと洗濯機に給水ホースが繋がりません。

もしどうしても無い場合は・・・

洗濯機用ニップル」をホームセンターで購入してください!もし買いに行く時間が無い!という方は下のバナーからご購入ください。Amazonで安く購入できます。


 

上記の写真のような水栓では無理ですが、蛇口の先端が交換できるもの(ホーム水栓)は「洗濯機用ニップル」に交換するという方法もあります。この部品もお近くのホームセンターで販売されていますが、面倒な方は下のバナーからご購入いただけます!


 

ニップルもいろいろな種類がありますが、大きく分けて2種類あります。それは緊急止水弁付きかそうでないか、です。普通のタイプですと三栄水栓の場合、「洗濯機用L型ニップル;型番PY12J‐4X‐16、定価¥1.590(税別)」KVKですと「KPP88CP、定価¥1,610(税別)」などがあります。

緊急止水弁付きですと、三栄水栓ですと「PY122-4TVX-16、定価¥3.000(税別)」などが挙げられます。他にも形が違うタイプもいろいろありますのでホームセンターなどでお好みのものをお探しください。

 

蛇口の先をこのパーツに差し替えられれば大丈夫です。水も止めなくても交換できます。工具としては小さいモンキーレンチかプライヤー1本あれば簡単に交換出来ます。

新生活をスムーズにスタートさせたい時に、このような事で支障をきたしてしまうのは残念なことです。是非注意して設置されていたものを持ち出したり、付属品を置いて行ったりしないようにしてください!

更新日:2020年8月17日