キッチン水栓の交換時期はいつなのか?

キッチン水栓は故障も多い

水漏れや故障の多い水栓はキッチン水栓と言えます。毎日家族や自分の食事の調理や使った食器を清潔に保つためにキッチンの水栓は使われています。特に今では「シングルレバー混合水栓」が多く、様々な症状によって不具合が生じます。

その前に、”レバーはどちらですか?”

1995年以前に製造販売された物とそれ以降製造のレバー水栓では、レバーを下げて出す「下げ吐水」とレバーを上げて出す「上げ吐水」の違いがあります。下げ吐水の蛇口をお使いの方は既に23年以上ご使用になっていることになりますので、いつ故障してもおかしくありません。

いくつかの症例を取り上げましょう!

症状その1;シングルレバーの動きがおかしい?

シングルレバーを上下左右に動かして使っていますが、その動きに違和感を感じる事がありませんか?例えば、レバーいつもより重く感じたり、左右に動かす動きが固い、上下させるレバーの位置がいつもより上に行きすぎたり、下に下がり過ぎたりしていませんか?これは故障のサインでもあります。

 

メーカーや品番が分かれば、その機種の水栓カートリッジを交換して修理することが可能ですが、それが不明ですと部品の取り寄せが難しいことになります。つまり、本体を交換しなければ解消できないことになります。病気も初期症状を無視して悪化させると治療はかなり重くなります。蛇口も同様で最初のサインを無視し続けますとレバーが固着したり、割れたりしてしまいます。

症例その2;本体から水漏れしてくる

レバーを動かしたり、スパウトの首を左右に動かしたりすると、どこからか水が漏れて水栓の根元に水が溜まる?という事はありませんか?それは本体から水漏れしています。徐々に水漏れは酷くなり、使っていなくても水が溜まるようになります。漏れた水が水栓本体の裏板にまで浸透して、板材が腐食してしまうことも起こり得ます。

 

固定金具は裏板がしっかりしていれば動きませんが、板やコルク板などが浸透して腐食していくと水栓本体がグラグラして行きます。水漏れが進むとシンク下にまで影響が及ぶことも考えられます。止め金具も水によって錆が進行します。しばらく放置された状態にすると新品に交換する際に外せなくなります。水道屋さんはグラインダーや金鋸で切断して交換しなければならなくなります。

使用年数12年以上で上記の症状の場合

交換時期です。

できるだけ早めに交換しましょう!

 

水漏れは盗人と同じです。いつ来るかは分かりません。思わぬ時に来ます。連休や年末年始や夜中など普段とは違うシーンで起きるものです。慌てて、業者を呼んでもなかな対応してもらえない、という事もあります。何でもいいからと変な業者に頼るとかなり法外な料金を支払うはめになります。切羽詰まったお客に業者は足元を見ることが出来るのです。

そうならないためにも早めに交換を行うようにしてください。

きちんと見積もりを取りましょう。高いと感じたら一旦保留しても大丈夫です。親切で丁寧な水道屋さんは必ずいます。普段からネットなどの情報も取り入れながら、知恵を付けましょう!このブログはそのような皆様の一助になれることを目的としています。ぜひ過去のブログも参考にして戴ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です