スイッチシャワーは便利ですが故障に要注意?

シャワーの故障

浴室シャワーや最近ではキッチンの蛇口も手元のスイッチで水の出し止めをしているものがあります。レバーを上下させたりひねったりする必要が無くとても便利なものですよね?

ホームセンターなどの水回りコーナーに行くと、「スイッチシャワー」が販売されています。上記の写真は普通のシャワーヘッドですが、「シャワーヘッドを交換するだけで便利に使えます!」という売り文句が目に留まります。

が、しかし!シャワー水栓本体の状態によってはこれが故障のきっかけになってしまうことがあります。




スイッチシャワーにすると危険

その原因は「水圧」です。まず何故かを取り上げる前に知っておいていただきたい点として、蛇口には元々、水道管からの「水圧」が加わっています。

蛇口は金属ですし水圧に耐える構造になっています。大抵はレバーを上下させたり左右に振ったりして水やお湯が出てきます。その動作にも水圧が「レバー」に加えられています。一般家庭の戸建ての場合では水道本管からの引き込み配管の口径が13mmか20mmがほとんどですが、その水圧はかなり強いです。

つまり水をゆっくり出したり止めたりすれば配管や制御部品には優しいのですが、レバー水栓のように「すぐに」出したり止めたりすることによって生じる「水撃」(別名:ウォーターハンマー)が配管やバルブなどに加わっているのです。

スイッチ制御にすることで水圧による水撃がもろにシャワー水栓本体に加わってしまい、水を止めたりする「切替バルブ」などの部品が損傷し水漏れが生じるケースが起きています。

 

キッチンでのスイッチ式水栓は大丈夫

 

 

こういったキッチン用の蛇口にはスイッチ式は重宝します。レバーで上げ下げしなくてもワンタッチで水が出し止め出来るからです。やはりこの場合も原理は同じです。レバーに加わるはずの水圧は常にスイッチ部分に加えられていますので、頻繁に押して使うことで水撃による損傷が生じる危険があります。

もちろん各メーカーは耐性テストを繰り返して商品開発されていますので、すべてが危険という訳ではありません。しかし、時折ご依頼されるお客様の中には使用されて3~4年で水漏れがしてきたケースもありました。

では浴室シャワーでスイッチシャワーを使いたいならどうしたらいいのでしょうか?

どうすればいいのか

 

 

浴室用において既存でお使いのシャワーをスイッチ型に変えたいのであればヘッドだけ変えずに衝撃防止器付きのホースセットをお勧めします。最初からスイッチシャワータイプのセット品にはホースの根元に「水撃防止金具」なるものが付いています。

別名で「調圧弁」と呼びます。

これが付いていれば安心です。つまり本来加わるはずの水圧による衝撃を吸収する役目を果たします。これにより水栓本体に負荷が加えられないように守られることになるからです。取付においてはモンキーレンチなどの工具が必要になるかと思いますので、ご自分で無理だと感じましたら水道業者にお任せください。




 

キッチン水栓の場合は、各メーカーのメンテナンス部門にご相談ください。大抵は2年の保証期間があります。その期間内であれば費用はかからないかと思われます。もちろん故障の過失がご使用者にある場合は有償になってしまいますのでご注意を。

便利な物ほど故障すると修理が困難です。大切に扱い、出来るだけ寿命を延ばせるように心がけるしかありませんね。