トイレのタンクにペットボトルが入ってませんか?

間違った節約法

今や節約の時代。水道代を節約するのにトイレの水が気になる方も多いかと思います。最近のトイレは節水式になっていますので気にならない方もいますが、少し前の古いトイレの場合、レバー1回で約13リットルの水が流れ出ます。これは無駄なのでは?と思っている方は、何とか節水できないか?と考えタンクの中にビール瓶ペットボトルを入れて水量を「かさ増し」されている家もあります。ずっと以前に入れっぱなしで忘れている方もいます。

なぜ危険なのか?

瓶やペットボトルが傾いたり倒れたりしてしまい、タンク内の制御部品の動きを妨げてしまうからです。トイレの水が出なくなったり、水が止まらなくなったりしてご依頼されタンクの中を点検しますとこれが原因というケースが多々ありました。

このペットボトルを入れての節水の効果は極めて薄いと言わざるを得ません。1リットル前後の水量の変化は水道料金にはあまり反映されないからです。むしろこの方法で水のトラブルが発生し水道業者を呼んで修理してもらう費用の方がはるかに大出費になります。ずっと前に入れていてお忘れの方はいませんか?「これまで問題が無いので気にしない」という考えもあるかと思います。しかし、トラブルが起きるのは大抵、忘れた頃です。今一度点検してみてはいかがですか?

節水トイレの盲点

今では超節水トイレなるものも出回っていますが、節水し過ぎると問題が発生します!トイレの各メーカーは節水に力を入れて競争しています。主に便器の水の流れ方に工夫を持たせたり、陶器にコーティング加工をして滑りやすいものにしたりいろいろあります。確かに流れるようになってはいますが、汚物やトイレットペーパーを十分流れるまでの水量が断然足りません。下水までの距離が長いと排水管の途中で詰まり始めます。新たに便器交換を検討しておられる方は、家の下水までの距離を確認してください。

ただ業者に載せられないように

古い大きな敷地にある住宅やトイレが道路からかなり離れた位置にある住宅での超節水トイレは危険です。最新の便器販売だけを勧めてくる水道業者は目先の利益にしか考えていません。これまで依頼を受けた住宅で1ヶ月前にトイレを新品にしたのに詰まってしまったという連絡をいただきました。そのことを設置業者に連絡するも「すぐには行けない」「後で連絡する」と言ったまま逃げている状態でした。いわゆる売り逃げ型の水道屋です。売って取り付けたら後は知りません、という業者です。良心的な水道屋さんなら立地条件や下水の距離を考えある程度の水量が流せるトイレを提案します。例え詰まってしまっても逃げたりはしません。アフターサービスもしっかりしています。もちろんご使用者の過失の場合は費用負担が発生することもあります。今後トイレを新しくしたいと検討している方は売り逃げ「悪徳業者」には十分注意してください。現状のまま何とか節水できないのか?その疑問の答えは、「できます!」 どうやって?・・・かは次回のブログで解説します!お楽しみに!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です