マンションの水道水の仕組み

マンションでの給水の仕組み





先日のブログにもとりあげましたが、これまでは「受水槽」に水を溜めてポンプで加圧して送水しているタイプが主流でした。この加圧式ポンプの給水方式について少し取り上げましょう。受水槽(貯水槽)から水を引き込んでポンプで配水管に水を送ります。この管はマンションの各部屋の量水器メーターを経由して部屋内に繋がっています。

給水管には一定の圧力が加わっていますので、各部屋で水道を使用すると、当然給水管の圧力が下がります。ポンプにはその圧力を感知しているセンサーがあり、ある圧力の数値にまで下がるとポンプを起動させる仕組みになっています。そしてある程度の圧力に達すると自動的に停止する仕組みになっています。大抵ポンプユニットは2台セットされており、自動交互運転させています。

この給水方式には、いくつかのデメリットがあります。






受水槽に水を溜めることにより、水の鮮度が下がることです。よくマンションの水はまずいと言われるのはこの理由もあります。受水槽の大きさが10㌧以上であれば水道法で定期清掃と水質検査が義務付けされています。10㌧未満の場合は任意となっているため、ほとんどの場合、何もされず放置気味になっているケースが多いと思われます。

その理由には、定期清掃や検査には費用と時間がかかるからだと考えられます。中規模なマンションでは管理費や積立修繕費といった費用を毎月徴収されているかと思いますが、そこから費用が当てられている場合もあります。給水ポンプも維持管理に費用がかかり、ランニングコストから言えばあまり良いとは言えません。

「直結増圧方式」とは

これはどういう給水方式なのか?大きな違いは、もはや「受水槽」を必要としないことです。水道管から「増圧ポンプ」に直結させて直接、各部屋に給水させます。つまり水道管からの水がそのまま届くので新鮮です。実は私の住んでいるマンションもこの「増圧ポンプ」でした。

この名前に由来は、読んで字の如く水道管からの圧力にさらに圧力を増加させて配水させるもので「増圧」と呼ばれます。このタイプが今では標準的になってきました。冒頭で挙げた加圧式給水ポンプのマンションがこの増圧ポンプに入れ替えるところも増えてきています。ただし、マンションの給水管の状態によっては圧力を維持できない可能性があり、圧力試験を行って大丈夫であれば交換が可能です。駄目な場合は新たに給水配管を引き直すことが必要となります。また増圧ポンプは加圧ポンプより高額なため総額を考えて断念されるマンションオーナーさんもいます。ただ受水槽の維持管理は無くなり、空いたスペースを有効利用できます。





 

増圧ポンプの仕組みは、加圧ポンプとそれ程変わりはないのですが、水道管に直結させるために逆流して水道本管を汚染させてしまうことを防ぐために「逆流防止装置」が取り付けられています。

通称「逆防弁」(ぎゃくぼうべん)と呼んでいますが、この装置の点検が義務化されていたと思います。「圧力検査装置」なるものがあり、その装置が正しく機能しているかを調べます。以前の仕事ではこの検査も行っておりました。それは弁の内圧がきちんと保たれて開閉が正常になされているかを特殊な圧力計を使い測定するものでした。

マンションの水道の仕組みについて簡単ではありましたが取り上げてみました。この他にもマンションの給水システム上、貯水槽を使わなければなりませんが、そのタンクにも異常が起きることがあります。どんなトラブルなのでしょうか?興味のある方はこちらもご覧ください!➡受水槽に異常が生じる