ミネラルウォーターと浄水器はどちらがいいのか?

水にこだわる

水にこだわる方が増えています。日本の水道水は世界的に見ても質の高いものと言えます。しかし、滅菌処置の段階で含まれる塩素処理による「残留塩素」によって水道水独特の「カルキ臭」が発生してしまいます。そのため水を使った飲み物や料理にも大きく影響を及ぼしていると言われています。

試薬による塩素反応で色が変わる

そのため多くのご家庭で直接水道水を使わず「ミネラルウォーター」や「浄水器」などを利用しています。時折、依頼される水栓交換の中には「浄水器内蔵型」の水栓を希望される方もいます。特にマンションや集合住宅では水道水を一旦、「受水槽」に貯めてポンプで高架タンクに上げたり、各部屋に送水したりしています。そのため新鮮な水道水が直接使えず、直接飲むのことに違和感を覚える方もいらっしゃいます。夏場などは貯水タンクの水が気温で温まり「水」の味にも影響を与えてしまいます。マンションによっては、予め※「ビルトイン型浄水器」が設置されているところもあります。(※シンク下に置き型のカートリッジが設置されたタイプ)浄水された水が出てくる専用蛇口があります。




浄水器とミネラルウォーターはどちらがいいのか?

「浄水器」は「活性炭」や「不織布」などのフィルターを通して水の「不純物」を取り除き「水」本来のおいしさを引き出すことができます。手軽に装着できますし、価格もお手頃です。冒頭に上げた浄水器が水栓の中に内蔵されていれば、外付けのタイプよりスマートな感じになります。カートリッジの交換も簡単です。

しかし・・・

よくあるパターンとして最初のうちは定期的にカートリッジを交換していたものの徐々に忘れてしまい、やがては全く交換していない、という状態になってしまうことです。やはり交換されていないカートリッジは浄水処理能力が低下していきます。結果的にやめてしまう方も多くいます。特にビルトイン式の場合、専門メーカーが定期的に交換に伺うこともあり、予定が合わせられなくなったり、簡易式のタイプより費用が高いため負担になってしまい使わなくなった方もいらっしゃいました。





ミネラルウォーター」は今でもスーパーで専用容器さえ購入すれば、無料でもらえるところもありますね。またネット通販などでも宅配してくれます。浄水器と大きく違うとすれば「水」が単に浄水されただけでなく「ミネラル」が含まれていることです。体にいい成分が含まれていますので好む方も多くいます。





また最近では「ウォーターサーバー」を設置している家も多くなっています。2週間間隔で「ウォーターボトル」を交換に来てくれます。メーカーによって本体代や初期費用をサービスしているところもあります。意外としっかりしたものなので設置場所のスペースが取れるかどうかをよく考えなくてはいけません。ただウォーターサーバーにすればスーパーなどにいちいち汲み行く手間は省けます。水ボトルはもしもの災害時の「備蓄水」にもなりますね。どちらが向いているのかよく吟味して決めていくことが大切です。