スイッチシャワー」タグアーカイブ

INAX製の浴室スイッチシャワーのストップボタンで止まらない原因とは?

手元で止水できる便利なスイッチシャワー

シャワーの出し止めを手元のヘッドにあるスイッチやボタンでできれば水栓本体のレバーを操作して出し止めするよりもかなり使い勝手が良いのではないでしょうか?

上記のシャワーはINAX製の「BF-8WBP」で2013年6月で既に販売終了品となっています。このスイッチシャワーが経年使用によってボタン操作で水が止まらなくなることが生じます。そうなったら皆さんならどう対処されるでしょうか?

スイッチシャワーヘッドだけ交換すればいいんじゃないの??

と考えますが、INAX製の場合は・・・

できません!

まずスイッチシャワーヘッドとホースが分解できません。つまりこのシャワーホースセットは本来取り外したりはできないものなのです。無理矢理外すと細いチューブのようなものが繋がっていることが分かります。このチューブを切断して新規のヘッドを取り付け用としてもできません。なぜでしょうか?それは・・・

他社メーカーとINAX製では構造が違う

一般的なスイッチシャワーはヘッド側にあるスイッチまたはボタンで水を出し止めできるようになっています。つまりシャワーヘッド内にあるスイッチまたはボタンによって弁を閉じたり開いたりしているからです。この場合、スイッチ故障した際にはシャワーヘッドのみ交換すれば問題ありません。

しかし、INAX製はシャワーヘッド内のスイッチやボタンでシャワーの出し止めをしている訳ではないのです。その答えはシャワーホースの接続部を観察すると見えてきます。水栓側のエルボの接続ナットを外して見ましょう。

そうすると穴の開いた金属の中心に細い管のようなものが見えます。これが「リターンチューブ」と呼ばれるものでスイッチシャワーヘッドに繋がっています。このチューブ内にはヘッドのスイッチまたはボタンの動作によって水が流れるようなっており、その水圧が水栓側に付いている「止水エルボ」に流れます。

それによって「止水エルボ」内にあるピストン弁が閉じてシャワーの水を止めます。この一連の流れがあって止水するため他社メーカーのスイッチシャワーよりも水が止まるまでにコンマ何秒かズレます。この原理が関係してるため専用のスイッチシャワーホースと止水エルボが無ければ市販された代替部品では対応できないのです。

水が止まらなくなる主な原因は?

この現象が起きると冒頭でも取り上げたように「スイッチシャワーヘッド」の方を睨んでしまいがちですが、実はこの故障の原因は「止水エルボ」であることが良くあります。つまりピストン弁が固着して動作不良を起こします。もちろんシャワーホース内の「リターンチューブ」が捩れてしまったり潰れてしまっている場合も考えられますが、滅多にないケースです。

LIXIL(リクシル) INAX スイッチシャワー付シャワーバス水栓全般用止水バルブ部 A-2280
 

この場合の交換できる部品は上記の「A-2280」というINAX製の止水エルボです。定価は¥4,290(税別)になります。上記のAmazonで購入することができます。この止水エルボを交換することで通常通りスイッチでのシャワーの出し止めが回復することになります。

DIYをなさる方でどうやって交換することができるのか知りたい方はLIXIL監修のこちらのYouTube動画を参考になさってください!⬇️

👉 https://youtu.be/IkjU-WTE_h4

INAX製以外のシャワー水栓の場合は、市販されているスイッチシャワーヘッドでの交換が可能だと思われます。購入の際にはご自宅のシャワー水栓のさまざまなメーカーにも対応できるアタッチメントが同梱されているものをお選びください。

ただし便利な反面、以前にもブログにしていますがスイッチシャワーの弱点もあります。どんな弱点があるのかはこちらの記事を参照ください!スイッチシャワーは便利ですが故障に要注意?

BF-8WBP」の代替候補になるシャワーセットはこちらになります。いいナビでもご紹介されておりますが「BF-SL6MBGE(1.6)-AT」定価¥26,000(税別)または「BF-SB6WBG(1.6)-AT」定価¥36,000(税別)となっております。なお価格や仕様に関してましてはLIXILのホームページやWEBカタログ等でご確認ください。ご必要な方は画像クリックで購入ページになります。

 

 

お買い替えの際はどちらかでご対応ください。取替方法は上記のYouTubeをご覧ください。さらに詳しい事やもっと情報が得たいという方は「LIXIL・INAXお客様サポートセンター0120-179-400」でシャワー水栓金具の品番をお伝えいただいてからお問い合わせください。

今回はあくまでも「スイッチシャワー」の場合でのスイッチ操作ができなくなる場合も対処法を取り上げています。スイッチシャワーではないINAX製のシャワー水栓には通常のねじ込み式のエルボが取り付けられています。通常の場合はこちらになります。

 

LIXIL(リクシル) INAX 浴室用 シャワーバス水栓 シャワーエルボ部 ネジD(PJ1/2)樹脂製 (逆止弁無) A-1859-1
取替方法は同じです。この部品の場合は嵌め込みのOリングの劣化による水漏れなどのトラブルが起きた場合に交換になります。問題が無ければ交換する必要はありません。