キッチンリフォームでアイランドキッチンはどうなの?

今一番多いキッチンはどのタイプ?

 

 

仕事柄、キッチンに入ることが多いのですが、やはり多いのが「クローズキッチン」(壁付キッチン)です。調理や洗い場での炊事が常に壁を見ながら行うタイプです。このキッチンは何といっても施工の面ではしやすいタイプです。給水や給湯の配管や排水管などの取り回しが楽です。これまではこのスタイルが主流でした。しかし、徐々に変化してゆき今では「オープンキッチン」(対面キッチン)が多くなってきています。(こちらも参照ください➡必見!キッチンリフォームでシステムキッチンを選ぶポイント



オープンキッチン(対面キッチン)の良さとは?

 

 

何といってもキッチンでの作業をしているときでも、ダイニングやリビングが見渡せるようになっていることです。非常に開放感があり、家族や他の人とのコミュニケーションが取りやすくなっています。キッチンで調理をしていたり食器などを洗っている時でも、リビングのテレビを見たり、子供や家族の様子を見ながら作業することができます。特に小さなお子さんがいればなるべく目を離さないようにする点でも見守ることができ安心感が持てるというメリットがあります。

アイランドキッチンとは?

 

 

この名前の意味は英語の「アイランド」つまり「島」のようにキッチンがある様子から取られています。これがまさに真のオープンキッチンと言えます。まずこのキッチンの特徴は視線を遮るものが何も無いというものです。非常におしゃれで解放感は格別で孤立感がありません。作業スペースが広く、家族や親しい仲間と一緒に料理を楽しむこともできます。ダイニングテーブルに料理を運ぶのにもいろいろと自由が利き、なお短距離なため非常に使い勝手の良さが実感できます。





 

また水道屋から言えるメリットの1つは蛇口の水漏れや排水の詰まりなどが発見しやすく、被害が最小限で抑えられるという点があります。クローズキッチンや対面キッチンですと躯体(建物)にしっかり据え付けられているため水漏れしたり排水詰まりで排水が戻って来ても別のところに流れて出てしまうため発見が遅れるという事態が起こってしまいます。その点、アイランドキッチンは症状がすぐに表に出ますので対処を迅速に行うことが出来るのです。

ただ・・・リフォームしてアイランドキッチンにする場合はいくつかの問題が出てきます。

アイランドキッチンにリフォームするのが困難な理由とは?

まず難しくなってしまう最大の理由は「スペース」です。

いわばリビングにキッチンを置くようなものですので、それだけスペースが削られていきます。今まで大きなダイニングテーブルなどが置けたかもしれませんが、キッチンが場所を取るため置くことができなくなるという事態が生じます。もちろんテーブルすら置けないスペースとなれば論外ですね?





 

もう1つは「調理場の弊害をもろに受ける」という点です。

どういうことかと言えば、キッチンで行う調理時の油の飛び跳ねや水のこぼれなどが部屋中に拡散しやすくなります。臭いもそうです。壁やカーテンなどに焼き肉や揚げ物などの臭いが残ってしまいます。油も広範囲に飛び散ってしまうためフローリングだと「つるん」と滑ってしまったりしますのできちんと床掃除が必要になります。

もう1つ言えば「施工面でのデメリット」です。

 

 

大抵、リフォームでは既存の配管に少し調整を加えるくらいで施工することが主でしたが、アイランドキッチンの場合はリビング側に配置するため給水及び給湯配管や排水管を引き回してこなければならず、そのため施工が難しくなります。工事費用も高額になることは覚悟しなければなりません。

こういったメリット・デメリットを十分に考慮してリフォームの際は良い選択をなさっていただきたいと思います。お役に立ちましたらぜひご購読登録よろしくお願い致します。