混合水栓の交換の方法 リモデル式

古い2ハンドル混合水栓

下の写真のような台所の混合水栓をご使用な方はいませんか?

 

 

いわゆる台付2ハンドル混合水栓という蛇口です。

お湯と水のハンドルがあり、ハンドルをひねって水を出します。中心にある吐水パイプのことを「スパウト」と言います。長年使用するとスパウトの根元がぐらつき、水漏れが生じてきます。水とお湯のハンドルも段々固くなって、軸の辺りから水漏れが生じます。

築30年前後のマンションに意外に多いタイプかと思われますが、これまで水栓金具を交換されたことがありますか?と尋ねれば「1度も交換や修理をしたことがない」という方もおられるかもしれません。これまで故障もトラブルも何も無かったと言う方もいます。しかし、設備は必ず経年劣化して故障します。

ではもし故障が起きてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

 

 

この蛇口の場合、本体をそっくり交換するとなると蛇口の下の配管から外し根元の取付金具を外して取り替えることになります。築年数が30年ほど経過している場合、水栓金具への取り付け配管が「直付け」と呼ばれる直接配管に繋げられている可能性が高いです。

そうなると配管を外して水栓交換しなければならず、下の給水給湯の配管から補修して工事しなければなりません。流し台を外して配管から交換可能な配管方式に換えます。こうした作業は工事料金にも影響して通常の交換工賃より断然高額になります。水道屋さんもあまりやりたがりません。

もっと簡単に安価で良い交換の方法はないのでしょうか?

 

一番いい解決策

あります!それは・・・

TOTO製「リモデル水栓」です。(型番:TKGG33E1) この水栓に交換する方法です。

まずそれに交換するとハンドル式からシングルレバー水栓に早変わりします

交換方法を解説します!

ではどのように交換できるのか詳しく解説していきたいと思います。

まず水を止めてから下の写真のように既存のハンドルやスパウトを取り外します。ケレップも抜き取ります。そうするとこのようになります。長年の汚れが付着していますので、布巾などできれいに掃除をしてください。

 

 

それからTOTO製「リモデル水栓」の付属品にある「アダプター」(THY727‐1・定価¥2.200税別)をねじ込みます。お湯側が逆ネジになっている場合は別途逆ネジ用の「給水アダプター」(THY727・定価¥2.200税別)を入手する必要があります。

お水とお湯の両方にアダプターをスピンドルと同じ仕方でねじ込んでいきます。これ以上もう行かないところまで同梱包内にある専用工具で締めていきます。しっかりねじ込んだら本体を取り付けます。

 

 

本体の袋ナット部をそれぞれ水とお湯のねじ込みに取り付けていきます。間に付属の「ノンアスパッキン」(水色)を入れてナットを工具で締めていきます。このネジをきちんと締めていないと後で水漏れがします。締め方でしてはいけないのは片方だけ締めて決めてしまうのではなく両方を少しづつ締めることです。この部分はきちんと締めましょう。

 

 

取付けして固定できましたら、隙間をきれいに見せるためのメッキカバーを取り付けます。このカバーはプラスチック製なので注意して扱う必要があります。はめたり外したりを繰り返すとオスメスのツメや穴が損傷する危険も起こり得ますので、このカバーは丁寧に扱いましょう。

カバーがきちんと付いたら完成です!

 

 

この「リモデル水栓」に交換するのはそれほど難しい訳ではないことが理解できます。この方法ならもう配管の工事の必要ありません。ハンドル式に慣れている方はシングルレバー水栓に慣れる必要があります。とても便利で使いやすくなったと評判は上々です。お値段は定価で¥34,500(税抜)になります。

こちらからもご購入いただけます!(今すぐ購入をクリック!)


 

メーカーでは既に販売終了品になっておりますので上記のバナーから購入することができます。「取り替え用シングルレバー混合栓」(リフレッシュシングル)この水栓のいいところは「分岐口」が付いていることです。

分岐口」とは食洗機整水器などに水を供給できる機能のことです。これには別売の分岐金具を購入しなければなりません。食器洗い乾燥機用の分岐金具は「THF22」ですが、これも販売終了品ですので代替品「THF22R」定価¥9,000(税別)でご注文ください。イオン水生成器用の分岐金具は「THF23」ですが、これも販売終了品なので代替品「THF23R」定価¥9,000(税別)をご注文ください。

エコシングル」ともなっています。

これはどんな機能かと言えば、よく使うレバー中央位置では水を吐水すると気付かずにお湯が出たり、給湯器が着火したりします。つまり無駄なガスや電気などのエネルギーを使わないため水とお湯の境目にクリック感(カチン!)があります。それで認識できるようになっているというものです。

施工手順を見ながら交換できます!ぜひどうぞ!!

※この「リモデル水栓」に合うかどうかは、お湯とお水のハンドルの中心同士の幅が200mmと決まっています。同じ規格のものか十分にお確かめください。また既存の水栓によっては設置できないものございますので予めお確かめください。

上記のような水栓をお使いに方々は大工事を行わずこの「リモデル水栓」にぜひ交換しましょう!

更新日:2020年2月20日