混合水栓の交換の方法 リモデル式

古い2ハンドル混合水栓

このような台所の混合水栓をご使用な方はいませんか?

いわゆる2ハンドル混合水栓という蛇口です。中心にある吐水口を「スパウト」と言いますが、長年使用すると根元がぐらつき、水漏れが生じてきます。水とお湯のハンドルも段々固くなって、軸の辺りから水漏れが生じます。





築30年ほど前のマンションにお住まいの方は水栓金具を交換されたことがありますか?中には「1度も交換や修理をしたことがない」という方もおられるかもしれません。しかし、設備は必ず経年劣化して故障します。

この場合、本体をそっくり交換するとなると蛇口の下の配管から外し根元の取付金具を外して取り替えることになります。30年ほど経過している場合、水栓金具への配管が「直付け」と呼ばれ直接h配管が繋げられている可能性が高いです。

そうなると配管を外して水栓交換しなければならず、下の給水給湯の配管から補修して工事しなければなりません。流し台を外して配管から交換可能な配管方式に換えます。こうした作業は工事料金にも影響して通常の交換工賃より断然高額になります

もっと簡単に安価で良い交換の方法はないのでしょうか?





一番いい解決策

あります!それは・・・

TOTO製「リモデル水栓」です。(型番:TKGG33E1)この水栓に交換する方法です。

まずそれに交換するとハンドル式からシングルレバー水栓に早変わりします。まず既存のハンドルやスパウトを取り外します。ケレップも抜き取ります。そうするとこのようになります。長年の汚れが付着していますので、布巾などできれいに掃除をしてください。

それからTOTO製「リモデル水栓」の付属品にある「アダプター」(THY727‐1・定価¥2.200税別)をねじ込みます。お湯側が逆ネジになっている場合は別途逆ネジ用の「給水アダプター」(THY727・定価¥2.200税別)を入手する必要があります。お水とお湯の両方にアダプターをスピンドルと同じ仕方でねじ込んでいきます。これ以上もう行かないところまで同梱包内にある専用工具で締めていきます。しっかりねじ込んだら本体を取り付けます。

本体の袋ナット部をそれぞれ水とお湯のねじ込みに取り付けていきます。間に付属の「ノンアスパッキン」(青色)を入れて工具で締めていきます。このネジをきちんと締めていないと後で水漏れがします。この部分はきちんと締めましょう。

取付けして固定できましたら、隙間をきれいに見せるためのメッキカバーを取り付けます。このカバーはプラスチック製なので注意して扱う必要があります。はめたり外したりを繰り返すとオスメスのツメや穴が損傷する危険も起こり得ますので、このカバーは丁寧に扱いましょう。





 

カバーがきちんと付いたら完成です。

この「リモデル水栓」に交換するのはそれほど難しい訳ではないことが理解できます。もう配管の工事の必要ありません。ハンドル式に慣れている方はシングルレバー水栓に慣れる必要があります。とても便利で使いやすくなったと評判は上々です。お値段は定価で¥34,500(税抜)になります。この「リモデル水栓」に合うかどうかは、お湯とお水のハンドルの中心同士の幅が200mmと決まっています。

上記のような水栓をお使いに方々は大工事を行わずこの「リモデル水栓」にぜひ交換しましょう!