おいしいコーヒーやお茶の決め手は水にあり!

温かい飲み物はホッとします





これからの季節は温かい飲み物を楽しむことができますね。普段は何も気にしないでケトルに水道水を入れてお湯を沸かしたり、最近では電気ポットですぐに沸騰したお湯を作ることが出でき、それをそのまま使うことがほとんどかもしれません。

飲み物に適した水とは?

「水」は大きく分けて「軟水」と「硬水」に分けられますね。この違いは「水」に含まれるミネラル分の含有量です。少ない方が「軟水」で多い方が「硬水」となるようです。例えば「コーヒー」を淹れる場合はどちらがより美味しくなるのでしょうか?

淹れる「コーヒー豆」にもよりますが、「軟水」で淹れるとマイルドな酸味が出やすくなります。キリマンジャロやモカなど酸味を味わうコーヒーには適しているかもしれません。逆に「硬水」で淹れると苦みが際立ちます。苦みのあるコーヒーを堪能したい方はこの水をお使いください。コーヒーの特性を十分に引き出す水を使えばよりおいしいコーヒーが楽しめますね。

「ただこれだけのためにミネラルウォーターを調達したくない」という方は、普通に「水道水」を使うことになります。それでも、最大限おいしく淹れるコツがあるようです。ご存知の通り、水道水には、「塩素」が含まれています。これが原因でカルキ臭が発生してしまい、コーヒー本来の香りや味わいを台無しにしてしまいます。このため水道水を十分煮沸させておけば、このカルキ臭が飛んでいきます。ドリップされる場合でも80~90度が適温となるようですので、少し温度をさげてから淹れるようにしましょう。



日本茶はどうすればおいしくなるのか?

お茶のおいしさは旨味や渋味、苦味の丁度良いバランスで決まります。日本茶について言えば、おいしく飲むには「軟水」はあまり向いていないそうです。硬度が少ない水は渋味がより強調されるようになるからです。渋いだけのお茶はやはりおいしくないですよね?逆に硬度が十分あればいいのかと言うと、今度は苦味が抑制されてしまいます。微妙なミネラル成分の違いが日本茶の本来の味を左右してしまうのですね。以前のブログではミネラルウォーターと家庭用浄水器の違いやメリット・デメリットについて取り上げました。水は今では精査して使い分ける時代です。

山麓から湧き出る天然の湧き水を飲めれば最高なんですが、田舎に引っ越さない限り、手には入りません。水をよく飲んで健康を維持できますし水を使って飲み物や食べ物もおいしく準備できます。おいしい水でおいしいブレイクタイムを楽しみましょう。