みなさん、こんにちは。

この度、新たにこのホームページを立ち上げました‼

水道修理の作業から普段何気なく使っている「」について取り上げて、皆様にご紹介していければと思っております。この仕事に携わって14年ほどになります。年齢は50歳になります。

この仕事に就く前は、マンションやビルといった集合住宅の給水設備の保守点検や補修工事の仕事を行っておりました。主に給水ポンプの動作テストや異常がないかを調べ、異常があれば修理および部品交換を要請するといった内容です。もちろん排水設備も同時に調査し、正常に機能しているかをチェックしました。その頃から、「水」が生活に深く関わっていることを痛感しておりました。特に設備不良によってポンプが動かず、断水してしまった時に生活がたちまち滞ってしまう住民の方々が途方に暮れる場面に何度か遭遇しました。普段は当たり前に使えていた水道が突然使えなくなると人はパニックに陥るのです。

水は大切

世界を見渡せば、現在でも水道設備もない国や地域もあり、蛇口からきれいな水が出てくることに驚くことがあると聞きました。また汚染された水を通して多くの幼い子供たちが命を落としている現実があります。当たり前になってしまった便利な生活が最近では、自然災害で一変してしまうことも目の当たりされるのではないでしょうか?この世界では失って初めて分かる大切なものが幾つもありますが、まさに水道もその一つでではないでしょうか?水道によって水分を補給し、食事を調理できます。朝、顔を洗い、歯を磨いて水で口をゆすぎます。汚い手を石鹸を使って水で洗うことで衛生的に守られています。排泄物はトイレタンクのレバーを回して水を大量に流すことによって下水管へ流れ込むようになっています。暑い日にはシャワーで汗を流したり、寒い日は浴槽にお湯を張って湯船につかり体を温め、疲れを癒すこともできます。水道はこうした生活の様々なシーンで重要な役割を果たしているのです。実際に「」が各家庭に届くまでにも、たくさんの過程が必要となっています。河川やダムが水源となり、取水所から配水され、浄水場できれいになったがポンプ場から水道管に水を送り、各住宅に給水管を通して水が供給されているのです。その過程でも様々な人々の働きが関係しています。つまり自然に蛇口から水が出てくる訳ではないのです。こう考えてみると「水」の有難さが実感できるのではないでしょうか?今後このブログを通して私たちの身近な水について取り上げていきたいと思います。

何卒お付き合いのほど宜しくお願い致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です