キッチン編」カテゴリーアーカイブ

台所での水のトラブルを取り上げます。

蛇口のハンドルが空回りするのはどうしてなのか?

ハンドル式の蛇口





お湯と水のハンドルを回して出すタイプをお使いの方も多いかと思います。時折、蛇口の水が止まらないという現象が起きますが、大抵はこのハンドルが空回りして水がきちんと止まらないことが原因となっています。以前のブログでもこのハンドル式のトラブルについて取り上げました。参照記事➡蛇口のハンドルが固く回らなくなるのはなぜか? 蛇口のハンドル式は必ずパッキン交換できるとは限らない

 

 

今回もこのハンドル式の蛇口の特に「空回り」について取り上げたいと思います。その原因とは何でしょうか?どうすればいいのでしょうか?

原因その1:スピンドルの摩耗

ハンドル式の水栓金具には、ハンドルの内部に「スピンドル」というねじがあります。このねじの仕組みでケレップ(水栓コマ)を押し下げたり、開放したりして水が出し止めされています。素材は青銅の金属ですが、長年使用していくと金属同士が擦れて摩耗していきます。

 

 

そうするとネジ山が徐々に削れてゆき、回転してもねじの役目を果たせなくなってしまうのです。ではどうすればいいのでしょうか?削れてしまたものは再利用は出来ません。新しいスピンドルに交換しましょう。スピンドルとハンドルがセットになっている部品が望ましいです。

スピンドルだけ交換してもハンドルを固定させるネジの口径が合わない場合があります。すべて共通ではありません。メーカーによってネジ山のピッチが微妙に違うようです。ハンドルも一緒に購入しておけば問題ありません。お湯と水のどちらかだけ交換すると形状の違いからちぐはぐな感じになりますので、同年数ものですので両方交換される方がよろしいかと思います。





原因その2:スピンドルの変形による固着化

スピンドルは摩耗もしますが、変形も起きます。そうなるとハンドルが回りにくくなります。そしてこの固着化は徐々に進行していきます。最初は少し力を入れる程度でしたが、段々と重くなり相当な力で回さなければならなくなります。時折、ハンドルを回すたびに「キーキー」鳴ることがありますが、これも金属の干渉する音ですので変形の可能性があります。

 

 

そうなると負荷がハンドル裏ののスピンドルの軸受部分にかかります。スピンドルの先端はギザギザになっています。このギザギザと同じようなものがハンドル裏にもあります。そのギザギザ同士が噛み合うことでスピンドルの軸を回転させています。

そのハンドル側(プラスチック製)のギザギザが摩耗していきます。徐々に削られてゆき限界がくると山が取れてつるつるになります。その結果ハンドルを回してもクルクル回転するだけでスピンドルが動きません。こうなった場合もスピンドルをハンドルごと交換しましょう。





本体の交換時期でもある

 

 

スピンドルの摩耗時期は水栓本体の耐用年数にも限りなく近い時期に起こります。つまり部品交換してあとどれくらい使えるのかは未知数です。この症状が起きた場合は本体交換も検討しておくのもよろしいかと思います。

今ではハンドル式よりもシングルレバー混合水栓が主流になっています。このシングルレバー混合水栓はハンドル式のような水栓コマを使用しません。レバー内部に「カートリッジ」(こちらも参照➡蛇口の水ポタは大抵カートリッジで直ります)というパーツがありお湯と水を混合させる部品があります。ゴム製の部品では無いため劣化がほとんどありません。もちろん寿命はありますが、故障は少ないと言えます。しかし、便利で長持ちするゆえに本体価格は若干お高くなりますが、使い勝手の良さを体感すれば納得されると思います。

特にご年配者の方はハンドルをひねる動作が力や手首の動きが必要になりますので、うまく閉められなくなってしまう方もいらっしゃいます。その点、シングルレバー水栓はレバーの上げ下げのみの操作ですので非常に便利で使いやすくなると思います。それでハンドル式の蛇口をご使用の方は故障のタイミングでこのシングルレバー混合水栓に交換されることお勧め致します。