キッチンシンクの錆 ステンレスは錆びるのか?

キッチンのシンクの下が水漏れする?





キッチンの下は収納スペースのなっていますが、そこが水浸しになっているということがあります。蛇口でも排水ホースでもないとしたら一体どこから水漏れしてくるのでしょうか?

       それはステンレスシンクに「錆」が生じて穴が開いているからです。

え?ステンレスは錆びないんじゃないの?実はステンレスとは錆びにくい鉄であることをご存じでしょうか?この材質を錆びさせない主な理由には表面に「不動態被膜」によってカバーされていることがあげられます。このバリアは人間でいう「かさぶた」と似ていてたとえ被膜が傷つけられても自然に治癒する能力を持っているのです。

しかし、この強力な金属でも錆が発生してしまう理由があります。

つまり「不動態被膜」を傷つけて破壊してしまうものがあります。これは流しで使う特有の物質でもあります。1つは「塩分」です。2つ目は調味料や煮汁などの「汚れ」です。3つ目に「塩素」系の漂白剤や洗浄剤などです。これらは折角の「バリア」を破壊して錆を進行させてしまう要素になっています。錆びるとその部分だけが薄くなって穴が発生してしまうのです。





シンクの穴はどうやって見つけるの?

シンクに開いた穴をどうやってみつけられるのでしょうか?

LEDライト」を使います。

別に「LEDライト」が無ければ懐中電灯で構いません。シンクの下から光を当ててみてください。何と!穴から光が漏れます。そうです、そこです。その小さな穴が水漏れの原因なのです。

どうやって修理すればいいの?

基本的に穴が開くほどの劣化はシンクの経年によるものです。ですから流し台もしくはシンクそのものの寿命とも言えます。ただし大きな交換工事はちょっと・・・と思われるなら応急的な方法として「シリコン」によるコーキングを行うことができます。主に裏側から打ってください。塊にならないように指で薄く延ばしてください。

コーキング後は1~2時間放置しましょう。

完全に乾いて固くなればOKです。





流し排水栓の下あたりから水漏れする場合

排水栓の下から水が漏れてくる場合も、ステンレスの腐食による水漏れとみて間違いないかと思います。排水栓は外さずにそのままの状態で補修できます。まず排水栓の周りをよく拭いて水気を無くしましょう。その後、排水栓のフレームとシンクの繋ぎ目をシリコンでコーキングします。表と裏の両方に打つとより強力になります。やはり指で薄く延ばすようにして塗ってください。打った後はやはり2~3時間は乾燥させてください。固まったら完了です。水を流して点検してみましょう。

ステンレスは錆びない訳ではありません。使い方やメンテンナンス次第で長持ちする場合もあればもらい錆などによる腐食が進行してしまうこともあります。シンクでありながら水気が弱点でもあるのです。小まめに拭いてきれいな状態を維持していければずっと使えるシンクになります。

ぜひきれいに保ちましょう。