水道屋さんの水の話

洗面台の詰まりで洗浄剤を使うと逆に危険ですよ!

洗面台の排水が流れない!

洗面台で流れが悪くなると困りますね。手を洗っても歯を磨いても排水が溜まっているのは衛生的にも良くありません。一刻も早く詰まりを解消させたい!との思いから「パイプ洗浄剤」を買ってきて試される方もいらっしゃることだと思います。








しかし、それが逆に詰まりを悪化させてしまうことをご存知ですか?

TVコマーシャルではパイプの中の汚れが瞬時に溶けて水できれいに洗い流されていますが、実際にはそうなりません。特に危険なのは洗面台の排水栓トラップが銅メッキになっている場合です。 長年使用していくと銅メッキの内側で腐食が始まります。排水が流れる表面がザラザラとしてきます。排水と一緒に流れる髪の毛などが引っ掛かりやすくなります。

銅メッキの排水管は意外ともろい

この排水栓トラップ配管は表面上は何の問題も無いように見えますが、実は腐食が進行しています。そして排水口には栓になる金具があってシャフトを上げ下げして栓の蓋を閉じたり開けたりします。この排水栓のタイプを「ポップアップ式」と言います。この排水栓の場合は栓になる丸い金具が引き抜けないためゴミが溜まりやすく、掃除もし辛いものです。

それで思いつくのは「パイプ洗浄剤」となる訳です。

パイプ洗浄剤はなぜ危険?

排水が詰まった時に薬剤は効くのか?こちらのブログでも取り上げていますが、お店で売られているようなパイプクリーナーとかパイプ洗浄剤は効き目が限定的なものになってしまいます。なぜなら強力な薬剤は販売できないからです。中途半端に効いてしまうと完全に溶解しない汚れが残り、かえって配管の中を詰まらせてしまうのです。そうなるともう大変です。

中身をみると中途半端に溶けた汚れがべっとり残ってしまい詰まっている状態でした。その画像がお見苦しいため割愛させていただきます。ではどんな解決策がいいのでしょうか?


排水栓トラップを新しいものに交換

古くて詰まった排水管はこの際に交換してしまいましょう!今では樹脂製の排水トラップが出回っています。モーターレンチやプライヤー、ドライバーを用意していただければ簡単に交換ができます。ポップアップ式の場合は、まずシャフトバーを引き抜いてトラップ配管を外していきます。6角ナットがU管に2箇所あります。モーターレンチで外してください。外しましたらバケツを穴の下におて洗面ボウルの排水口辺りの汚れを水洗いしてきれいにしましょう。

樹脂製の洗面排水トラップに交換します。

銅メッキの排水管はちょっとした傾きやズレがあると必ず水漏れしてきます。それが分からないと何度も取付し直すことになりますので大変です。ところがこの樹脂製は樹脂の特性が活かされて大抵の歪みやズレがあってもピタッと決まります。なにせ金属では無いので腐食することがありません。熱にも強いため大抵の温度でも偏見や破損は起きません。

工具でぎゅうぎゅう締める必要もありません。手でも十分に締めて固定できます。ちなみに写真の排水栓トラップはSAN-EI製の「PH776-32洗面台排水栓トラップ(ポップアップ式)定価¥5,700(税別)で販売されています。排水栓には口径が2種類あります。大きいタイプが38mmで普通の口径は32mmです。このサイズだけは間違えないようにしましょう。

この排水栓トラップの良さは、Uパイプの下に「掃除口」があることです。何か排水口に指輪やイヤリングを落としてしまった、掃除していたら歯ブラシを落としてしまった、という時には、このキャップを外して下から取り出すことが可能になります。

この機会に洗面台下の排水管を交換してみてはいかがでしょうか?



 

Exit mobile version