知らないと怖い?節水トイレの正しい使い方とは?

節水トイレの節水力は半端ない!





これまでのトイレの流す水の量はかなり無駄があったと言えます。レバー一回で約13リットルですが、今では3.8リットルまで節水させるトイレがあります。「超節水トイレ」なのものです。レバーで流れる量はほんとにわずかです。なぜそこまで節水できるのでしょうか?

1つは流し方に工夫があります。溜め水の形状を変えたり、トルネード方式で排水を効率よく押し出せるようにしてあります。もう1つは、便器の表面加工の改良です。汚れが付きにくい特殊な加工処理を施してあり、ツルツル感が増しています。

確かに各メーカーの企業努力は素晴らしいです。

しかし・・・問題があります。





配管で詰まる事例が続出

つまり、便器の中はきれいに流れていくのですが、問題は配管を流れていくための水量不足です。

 

 

汚水は便器から流れてくる排水として配管を通って最終桝に流れていくものです。この排水の配管は数%の傾きを保たせて組んでいます。ですからある一定量の排水が流れ出ていけば最終桝まで流れて行く仕組みになっています。

ところが、節水させる技術で便器から汚水を流せることが出来ても、配管から排水が流れ切るまでの水量が計算に入れていないのが現状です。つまり排水の水はある程度流れ切ることができてもトイレットペーパーや汚物は流れないまま配管の途中で止まってしまいます。つまりこれまで通りの水量であれば配管の中を流れ切ったのかもしれません。しかし、節水トイレの排水量では駄目です。





排水配管の勾配に変化

下水に排水させる配管は数%の傾斜を保たせて伸びています。その配管も長年にわたり地震や地盤が沈下していくことで徐々に勾配が悪くなってしまうことがあります。ひどいケースでは配管が途中で抜けてしまっていたり、逆勾配になっていたりしたこともありました。こうなると排水はきちんと流れていきません。最初は水の勢いで押し出されていくこともありますが、必ず配管の途中で滞ってしまい、そこで汚水が滞留し始めます。

こうして徐々に配管の中に汚物が溜まっていきます。そしてMAXに達してしまえば、あとは逆流して詰まってしまうだけです。たちが悪いのは配管の長さがあればあるだけ溜まる汚物の許容量が多いため、詰まっていることが判明するまで、かなりの時間がかかることです。この段階で詰まりが分かって詰まり抜きをするのはかなり手間のかかる作業になります。

高圧洗浄をしなければ解消は難しくなります。汚水が大量ですと高圧洗浄できれいに流しだすにも時間がかかります。配管の異常が判明した場合は、配管を敷設し直す改修工事が必要になるかもしれません。もし不安でしたら業者を呼んで検査してもらうこともできます。当然費用がかかりますので予めご了承ください。極力詰まらせないようにどんなことに注意を払えばいいのでしょうか?





詰まらせないためにはどうすればいいのか?

節水トイレを取り付けてしまった以上、交換はできません。では詰まるのを恐る恐る待つしかないのでしょうか?予防す方法があります。

トイレットペーパーを流す際には、「大」を2回流すことです。

2回流すのでは節水した意味が無い?と思われるかもしれません。実はそれでも十分「節水」になっているのです。面倒くさいと思われるかもしれません。しかし、超節水トイレである以上、可能性がいつでも付きまといます。ましてや配管詰まりが起きてしまえば簡単には解消できません。

決して特定の商品を非難している訳ではありません。水道屋として経験していることから分かったことです。万一このブログをメーカー勤務の方関係者の方が見ていただいておられるなら、その事実を知っていただければ幸いです。

最後までご閲覧誠にありがとうございました。