必見!自分で水栓交換をする時に注意すべきことは?

水栓交換を自分で行う

DIYが人気となっていることもあり、自分でリノベーションする方も増えています。       特に家の水栓金具を取り寄せて自分で交換したいと思われる方も多いかと思います。ネット通販だと定価の50~60%オフで購入できます。あとは工具や材料を揃えれば交換出来ます。

しかし、

YouTube動画を見ながら試したものの上手くいかないくなり、途中で断念して水道業者に依頼するという事態もあり得ます。特に注意しなければならないの壁に取り付けられている水栓の場合です。特に浴室や台所の場合「外し方」に注意が必要です。

 

壁付混合水栓の外し方と注意点

まず水道の元栓を閉めます。最初に水栓本体が付けられているお湯側と水側の袋ナットを外します。本体が外れるとハの字になった「クランク」が残ります。この「クランク」左回しで外していきます。かなり固着している場合がありますのでパイプレンチなどで回すといいかと思います。

ここで注意が必要なのは、クランクがねじ込まれている「ユニット取出し金具」です。この部分がクランクと一緒に回ると大変なことになります。

 

 

このユニット取出し金具は、裏で配管に取り付けられています。本来なら水栓金具のクランクだけ取り外しができるようになっていますが、長年固定されていたため、中には水漏れ防止のための「ヘルメシール」というランニング硬化剤が付けられていると、しっかりねじ込みと一体化してしまい、いわゆる「供回り」(ともまわり)という配管も一緒に外してしまうという事故が起きてしまいます。

ユニットバスの裏の配管が抜けると簡単には修理できません。

台所や壁タイルの浴室であれば、配管から直接「持ち出し金具」通称ザルボと呼ばれるものが抜けますが、これは簡単に取り付けができます。しかし、ユニットバスはそうはいきません。

「ユニット」という意味は、簡単に言えば「組み合わせ浴室セット」になっていて、パネルを組み立てて浴室が完成されています。つまり裏の配管を直す隙間が何処にもありません。中には、シャンプー置き場や棚がシリコンではめ込まれているタイプもあります。これならそのパネルだけ切り抜いて外し、裏の配管に手が届けば補修工事はできます。それができないタイプがほとんどです。

 

マンションの場合は漏水事故

裏の配管が外れているのを無視して元栓を開けてしまうと、水が裏の配管から噴き出してきます。目に見えませんが、水漏れの音が聞こえてきます。戸建てで1階が浴室ならそれほど問題はありませんが、マンションの2階以上の階の部屋でやってしまうと確実に階下に漏水が生じます。給水管の水漏れは、発見が遅れれば遅れる程、被害が大きく、損害も大きなものになってしまいます。

 

どうすいればいいのか?

クランクを外す時「ユニット取出し金具」が一緒に回っていないか?十分に確認してください。  もし供回りしているようなら、プライヤーなどでユニット取出し金具を固定させて、クランクを回します。そうすればクランクだけきちんと外せます。

自信が無いようでしたら、無理をせずに専門の水道業者にお願いしましょう。

もちろん水道屋さんもやっちゃったりします。しかし大抵の水道屋さんは「腕」があっても作業事故が無い訳ではありませんので損害保険をかけています。万が一起こしてしまったら保険で対応できます。一般の個人で漏水事故を起こせば保険に加入していないと個人で賠償しなければならなくなります。この場合過失責任がその人個人にかかってきますので、火災保険の補償からは出ない可能性があります。約款などを今一度ご確認ください。

 

 

自分で交換できることはコスパにもなり、素晴らしいことですが、いろんなリスクも計算に入れておくことも大切です。ご参考になれば幸いです。