トイレが詰まる危険を避ける

トイレ詰まりの原因

トイレが詰まる原因のほとんどがトイレットペーパーの使い過ぎです。トイレットペーパーは水に浸けるとすぐに「溶ける」と思われている方が多いようですが、実際には溶けません。分解するだけです。つまり塊が瞬時に分解して水に流れやすくなっています。化学的な要素は分かりませんが実際、トイレットペーパー以外のものを流すとたちまち詰まることがあります。

特にすぐにトイレが詰まる要因として大きく2つあります。

トイレットペーパー以外のものか異物

当然トイレットペーパーも量が多いと分解率が下がり挟まってしまいますが、てきめんに詰まらせてしまうものは、トイレットペーパー以外のものを流すことです。特に多いのはお掃除用ウェットシートです。これから年末にかけて大掃除の季節、トイレを掃除するのにこのシートは便利ですね?除菌までしてくれます。しかし、1枚、2枚、3枚…と気が付かないうちに枚数が増え、一気に流してしまうことがありませんか?実はこのシートは分解率がかなり悪いです。せいぜい1~2枚が限度かもしれません。またそれ以外の異物を落としたり流したりすれば当然便器の中で詰まることがあり得ます。

節水型のトイレ

今や当たり前の節水タイプのトイレですが、かなり流す水の量が制限されています。それなのにトイレットペーパーを大量に流してしまうと当然詰まります。普通便座でご使用の方で神経質タイプはトイレットペーパーを何回も使って流す習慣があります。そこで節水型トイレに買い替えたりしますと毎回詰まる、と言った現象が起きています。このようなケースも考慮に入れて便器を新しくする際は、あまり節水力の高い便器は避けた方がよろしいかと思います。

詰まりがひどいと大変です

詰まりがひどいと自分で解消はほとんど無理です。

業者を呼んで、作業しなければなりません。以前のブログにも載せましたが、水道屋さんはいろいろな道具や特殊な薬剤を持っていますので、ある程度の詰まりは解消できます。かなりしつこいものは便器を脱着して異物または詰まりの元を取り除きます。

特に年末年始にトイレが詰まると大変です。

流す前に注意して詰まらせないようにしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です