ユニットバスの排水詰まりの原因

ユニットバスをお使いですか?

ワンルームマンションや1Rアパートは浴室がユニットバスという部屋がほとんどかもしれません。お風呂とトイレや洗面台が一緒になっているのを嫌がる方も少なくありません。水回りが集結している点では省スペースとなり設置しやすい設備です。時折、浴室の排水の流れが悪いとのご依頼を請けることがあります。その使い方やメンテナンスの仕方を知っておくだけで自分で対処できます。改めて時間を取って水道業者を呼ぶ必要もなくなります。主に詰まりの原因になっているものは何でしょうか?

ユニットバスの使い方

ユニットバスの場合、体を洗ったり洗髪をする場合は浴槽の中で行います。大抵シャワーカーテンがあり、シャワーを使う際にはそのシャワーカーテンを広げます。そうすることで洗面台やトイレにまで水が飛び散らないようにすることができます。トイレットペーパー等が濡れてしまったら使えなくなりますよね。

排水詰まりの原因とは?

浴槽内で洗いのすべてを完結させるものです。つまり主に髪の毛などの抜け毛が浴槽の排水口から流れていきます。その排水は一度、浴槽の外にある排水口に流れ出ます。ユニットバスの中心に位置する辺りに丸い(または四角い)排水口があります。そこが浴槽・洗面台の排水の合流場所になっています。しかもトラップ式になっていますので、排水の流れ出る隙間はかなり狭くなっていきます。そこに髪の毛やゴミが徐々に詰まり始めます。特に女性は髪の毛が長く詰まりも早いです。

その対策とは?

浴槽で洗髪や体を洗う際に排水口に網(髪の毛キャッチャー)を置いて使用することもその1つですが、排水が悪くなり浴槽に汚れた水が溜まってしまい、気持ちが悪くなります。それで合流排水口でゴミ取りを定期的に行っておけば大丈夫です。やり方としてまず排水口の網目になっているカバーを回転させて取り外してください。次に丸い筒のような部分も回転させてみてください。すっぽり抜けるようになっています。そうすると詰まっている髪の毛が集結しているのが分かりますので、抜き取ってください。その後は逆の順番で戻して完了です。パイプ洗浄剤で溶かそうとする方もいますが、市販の洗剤ではほとんど溶けません。処方箋と一緒です。万人に使えるものには劇薬や専門の薬品などは販売できないのです。

中には自分で掃除をすることが嫌な方もいらっしゃいます。特に女性の方の中には、排水口の掃除だけは気持ちが悪くて嫌だという方も少なくありません。そうであれば専門業者の力を借りるしかありませんね。排水口のトラップの分解清掃になりますが、作業代だけでも1万円前後は取られます。配管に至る作業になれば2~3万円は覚悟していなければなりません。

トーラー作業

特殊な機械で配管の詰まりを除去しなければ解消しません。ひどい場合はユニットバス内のトイレの排水も同時に詰まり、両方使えないという事態になってしまうことがあります。汚水がユニットバス内に溢れ出てきたケースもあります。その原因に髪の毛が絡む場合があります。人間である以上に毛は抜けるものです。手足を脱毛している方でも髪の毛は抜けます。新陳代謝している訳ですから仕方のないことですが、排水を詰まらせないためにも豆に排水口のお掃除を心がけておくのは大切かと思います。

洗剤やローション等の蓋(キャップ)落としも注意が必要です。よくホテルなどで持ち帰る比較的小さなシャンプーやリンスの蓋は使用時に落としやすいです。あれよあれよという間に排水口に流れてしまうこともあります。サイズによっては排水口にぴったり嵌って手で抜き取れなくなってしまう場合もあります。小さい物が誤って流れ落ちないように注意してください。

どうぞ快適なユニットバスライフを楽しんでくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です